ホーム >> 介護コラム >> 資格 >> 社会福祉士の仕事内容や給料について解説します
更新日 2020.7.29

社会福祉士の仕事内容や給料について解説します

カテゴリ

たくさんの仕事需要があることから、いま注目を集めているのが社会福祉の業界です。

社会福祉に関わる仕事は高齢者から障害者、児童、医療、司法などとても広い範囲に渡ります。

社会福祉の仕事をすでにしている人、またこれから目指そうとしている人に人気がある資格の1つが社会福祉士です。

国家資格で、1987年に誕生しました。

医療や福祉、教育の分野などにおいて日常生活を送るのに困難を生じている人に対して、助言や指導、その他の援助などを行う専門職として位置づけられています。

今回は社会福祉士を目指すにあたって気になる仕事内容や給料、資格を取得することのメリットなどについて紹介をします。

社会福祉士と介護福祉士の違い

画像

社会福祉士と同じ福祉分野の資格に介護福祉士があります。

まずは社会福祉士と介護福祉士の違いについて、仕事内容と給料、その他に分けて解説します。

社会福祉士は相談援助職として位置づけられています。

支援を必要とする人の相談を受け、問題解決に向けて各種サービスを紹介したり、助言をしたりするのが主な仕事です。

勤務場所は介護施設であったり病院・学校であったり様々ですが、病気や障害、その他の理由により日常生活を満足に過ごすことができない人達からの相談を受け、解決に向けたライフプランの作成などを行います。

そのため高齢者福祉施設では生活相談員や支援相談員として、病院では医療ソーシャルワーカーなどとして勤務しています。

社会福祉士は自身が相談を受けた人のニーズを聞きたし、問題の解決に向けたプランを作成しますが、その過程、またはその事後で他職との連携が必要になります。

社会福祉関係のことであれば、自分の所属する事業所やその地域の指定期間などの職員と連携をとり利用者と事業者をつなげることは社会福祉士の大切な仕事の1つです。

医療が必要なのであれば、病院の医師や看護師との連携を図り、問題解決に向けて話を進めていくことになります。

社会福祉士は自身が担当する利用者に対して専門的な知見からの援助や助言はもちろん、その家族のトータルサポートも仕事のうちに含まれます。

介護や医療はその利用者だけの問題ではなく家族全体の問題となるため、そこに社会福祉士が入ることにより、全体的なサポートを行うことで問題を解決に導くことができます。

社会福祉士の給料は勤務先によって異なりますが、福祉の業界の中では比較的高水準の給料と言われています。

社会福祉士と介護福祉士の平均月収比較

年代など 社会福祉士 介護福祉士
20代 約19万円 約19万円
30代 約24万円 約23万円
40代 約30万円 約30万円
平均 約24.3万円 約23万円

社会福祉士の受験資格を取得するためには、福祉系の大学や養成施設などでカリキュラムを終了している必要があります。

一方の介護福祉士は養成施設などに通う必要はなく、3年以上の実務経験と実務者研修終了だけで受験をすることが可能です。

POINT

✔社会福祉士は相談援助職、介護福祉士は介護職

✔社会福祉士の平均月収は約24万円、介護福祉士の平均月収は約20万円

✔社会福祉士の受験資格取得には、福祉系大学や養成施設に通う必要がある

資格の取得方法とメリット

社会福祉士の資格を取得するための方法と、資格を取得した後のメリットなどについて解説します。

社会福祉士の資格を取得するためには国家試験に合格する必要があります。

国家試験は年1回2月上旬ごろに実施されています。

受験資格を取得するためのルートは以下の通りです。

① 福祉系大学・短大等(指定科目履修)ルート

福祉系大学等(4年)+指定科目履修

福祉系短大等(3年)+指定科目履修+相談援助実務(1年以上)

福祉系短大等(2年)+指定科目履修+相談援助実務(2年以上)

② 短期養成施設等ルート

福祉系大学等(4年)+基礎科目履修+短期養成施設等

福祉系短大等(3年)+基礎科目履修+相談援助実務(1年以上)+短期養成施設等

福祉系短大等(2年)+基礎科目履修+相談援助実務(2年以上)+短期養成施設等

社会福祉主事養成機関(2年以上)+相談援助実務(2年以上)+短期養成施設等

児童福祉士司/身体障害者福祉司/審査指導員/知的障害者福祉司/老人福祉指導主事の実務経験4年+短期養成施設等

③ 一般養成施設等ルート

一般大学等(4年)+一般養成施設等

一般短大等(3年)+相談援助実務(1年以上)+一般養成施設等

一般短大等(2年)+相談援助実務(2年以上)+一般養成施設等

相談援助実務(4年)+一般養成施設等

上記①~③のうち、いずれかのルートで国家試験の受験資格を得ることができます。

資格を取得するための費用は2019年4月現在で、以下の通りです。

名目 費用
国家試験受験料 15,440円
登録免許税 15,000円
登録手数料 4,050円
学校費用 学校によって異なる

社会福祉士は相談援助職の国家資格です。

社会福祉分野では大きな信用を得ているため、就職する際にはプラスと捉える事業所が少なくありません

また施設利用者や相談者からも信頼を得られるでしょう。

POINT

✔国家試験を受験するためには受験資格が必要。福祉系大学や養成施設へ通わなければいけない

✔国家試験受験料は15,440円。その他に登録免許税や登録手数料、学校の授業料などがかかる

✔社会福祉分野で信用を得ている資格なので、就職する時に有利に働く

求人を探す

試験内容と合格率

画像

試験は共通科目と専門科目に分かれています。

共通科目は全部で11科目83問、そして専門科目は全部で8科目67問です。

試験範囲は次のようになります。

  • ・人体の構造と機能及び疾病
  • ・心理学理論と心理的支援
  • ・社会理論と社会システム
  • ・現代社会と福祉
  • ・地域福祉の理論と方法
  • ・福祉行財政と福祉計画
  • ・社会保障
  • ・障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • ・低所得者に対する支援と生活保護制度
  • ・保健医療サービス
  • ・権利擁護と成年後見制度
  • ・社会調査の基礎
  • ・相談援助の基盤と専門職
  • ・相談援助の理論と方法
  • ・福祉サービスの組織と経営
  • ・高齢者に対する支援と介護保険制度
  • ・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • ・就労支援サービス
  • ・更生保護制度
参考:社会福祉振興センター

国家資格なだけあってかなり広い出題範囲が課されています。

これらの範囲を全て合格水準まで引き上げるのにはかなりの苦労が予想されますね。

ここ数年の国家試験合格率は次の通りです。

試験年 合格率
平成27年 27%
平成28年 26.2%
平成29年 25.8%
平成30年 30.2%
平成31年 29.9%

上の表から分かるように社会福祉士の国家試験合格率はとても低い水準にあることが分かります。

その大きな理由の1つとして、出題範囲の広さが挙げられます。

全19科目あるため、中にはとっつきにくい苦手な分野もあると思います。全ての科目で得点を取る必要があるため、捨て科目といったものを作ることができないことは、一部受験者にとっては大きな壁となるでしょう。

やりがいや魅力について

画像

社会福祉の仕事のやりがいや魅力はどのようなものでしょうか?

社会福祉は対人関係の仕事です。

相談者はみなそれぞれ生活に困難を抱えており、また1人ひとりの状況は異なります。

それぞれの状況を相談の中で把握し、適切なサポートをしなければいけません。

難しい仕事である反面、相談者の問題を解決できた時、そして適切なサポートをすることができた時に大きなやりがいを感じることができます。

最新の制度情報や幅広い知識も必要となる仕事です。

日々学びを続けていくことで自分自身の成長やキャリアアップを実感することもできるのも、大きな魅力です。

POINT

✔相談者の問題は1人ひとり異なり、それぞれに合ったサポートをする必要がある

✔相談者が抱える問題を解決し、適切なサポートができた時にやりがいが生まれる

✔最新の制度やその他の知識を学び続けることで、自分の成長やキャリアアップを実感することができる仕事である

社会福祉士の仕事体験談

実際に社会福祉士として働いている人の仕事体験談を紹介します。

「私は障害者相談支援センターで相談員として働いています。身体・知的・精神障害がある人たちから医療や就労、金銭、家族、生活面などあらゆる相談を受けています。対象範囲が広いので日々の学びを欠かすことができませんが、一緒に問題を解決することができた時の相談者の喜ぶ姿は何ものにも代えることができません。」

「総合病院の医療ソーシャルワーカーとして勤務をしています。入院患者の医療費や退院後の生活費、生活する場所、仕事などの幅広い相談を受けます。私一人では解決することができないことが多いので医師や看護師、行政や訪問介護事業所などとも連携を取って対応をしています。患者をサポートする支援者をコーディネートするのも大きな仕事の1つです。」

POINT

✔相談者の問題を解決できた時の喜びは、何ものにも代えることができないもの

✔幅広い相談を受けるため、日々の勉強は欠かすことができない

✔相談者をサポートするための体制作りも、社会福祉士の重要な仕事の1つ

かいご畑とは高度高齢化者の時代的な背景の中、介護業界での仕事探しやキャリアアップのサポートのために厚生労働省から認可を受けたサービスセンターです。

経験者・未経験者問わず、専任のコーディネーターが個別の相談を踏まえて個人の希望にあった求人をご紹介しています。

また、資格取得などのキャリアアップ応援制度が確立されているため、働きながらの講座受講などで初級資格から上級資格まで介護業界で働く人たちのライフサポートまで行っています。

ご利用はすべて無料ですのでご興味のある方は是非利用してみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネーターによる徹底サポート

_

無料で相談する→

まとめ

社会福祉士は相談援助職の国家資格です。

日常生活に困難を抱えている人たちの相談を受け、解決に向けてアドバイスをしたりサポートをしたりするのが主な仕事です。

資格を取得するためには福祉系大学や養成施設でカリキュラムを終了し、国家試験に合格する必要があります。

平成31年2月の国家試験の合格率は29.9%でした。

1人ひとりが抱えている問題は異なるため、それぞれの状況を把握して介入しなければいけません。

難しい仕事ではありますが、その分やりがいや魅力が多いのも特徴です。

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→