ホーム >> 介護コラム >> 介護施設 >> 介護付き有料老人ホームの内容と費用|ケアマネや介護保険についても
更新日 2020.5.28

介護付き有料老人ホームの内容と費用|ケアマネや介護保険についても

老人ホームには様々な種類がありますが、その中でも有料老人ホームは多くの施設があり、様々な選択肢があります。

有料老人ホームをタイプ別に分類すると、「健康型」「住宅型」「介護付き」などに分けられます。

ここでは、その中でも中心となる介護付き有料老人ホームについて、料金の相場などの費用、メリットについて解説します。

他のタイプとの違いが分かることで、見る際のポイントも分かってきます。

ぜひ施設選びの参考としてください。

介護付き有料老人ホームとは 

画像

単に老人ホームというと介護のイメージもありますが、有料老人ホームは介護保険制度によるものではなく、老人福祉法で定められた基準によって都道府県等に届け出があったものを指しています。

株式会社などの民間の法人が運営しているもので、そのために設備やサービスの内容は施設ごとに様々な工夫が凝らされていて、それが魅力ともなっています。

その中でも「介護付き有料老人ホーム」は、その名前の通り介護サービスを提供している有料老人ホームに当たりますが、介護保険法で「特定施設入居者生活介護」として都道府県等から指定を受けているものです(小規模の施設は「地域密着型特定施設入居者生活介護」となり、市町村に指定を受けています)。

POINT

✔有料老人ホームは民間法人により運営されています

✔介護付き有料老人ホームは、施設内で介護サービスが提供されるものです

✔「介護付き」は介護保険法の指定を受けた施設でないと名乗れません

介護付き有料老人ホームに必要な入居条件は? 

介護付き有料老人ホームに入居するための条件は、施設によって様々ですが、多くの場合65歳以上が対象となっています。

また、入居する時点で介護が必要かどうか(要介護認定を受けているか)という点も、その施設によって違います。

これは要介護度が入居条件となっている他の多くの介護施設とは大きく違う点です。

POINT

✔介護付き有料法人ホームの多くは65歳以上の方が対象です

✔入居時の介護度の条件は施設によって異なります

介護付き有料老人ホームのサービス内容について

介護付き有料老人ホームのサービスは、有料老人ホームにサービスに加えて、介護保険を利用した介護サービスを施設で提供していることが特徴です。

介護保険法により「特定施設入居者生活介護」の指定を受けることで介護保険の提供をすることができますが、2つのタイプに分けられます。

まず、ケアプラン(介護サービス計画)の作成から、実際のサービス提供までを施設内で行うタイプです。

これは、「一般型」などと呼ばれ、身体介助や生活援助などを有料老人ホームのスタッフで提供しています。

もう一つが「外部サービス利用型」と呼ばれるタイプです。

これはケアプランの作成は有料老人ホームのスタッフであるケアマネジャーが作成します。

生活の相談などにも応じます。

実際の介護は外部の介護サービス業者が提供しています。

一般型はある程度決まった範囲内のサービスとなりますが、外部サービス利用型は自分で選ぶこともできるため、選択の幅が広がります。

POINT

✔介護付き有料老人ホームは、介護サービスに介護保険が利用できます

✔サービスの提供方法により「一般型」と「外部サービス利用型」に分けられます

介護付き有料老人ホームの費用、相場 

画像

介護付き有料老人ホームにかかる費用は、他のタイプの有料老人ホームと同じように、入居時には初期費用がかかる施設も多くあります。

数百万~数千万となることもある一方、入居しやすいように初期費用を抑えている施設もあるため、施設による差が大きく出る部分です。

また、食費、日常生活費、光熱費など、介護サービス以外の各種サービス等にかかる費用として毎月かかるものがあり、毎月10万円~30万円程度となることが多いようです。

これとは別に、介護サービスにかかる必要として、介護保険を利用した自己負担分があります。

事業所の所在する地域、要介護度や利用するサービスの量、所得に応じた自己負担割合によって変わります。

住宅型老人ホームにかかる費用の例

項目 費用
初期費用(入居費用) 0~数千万円
食費、日常生活費、光熱費、各種サービス費等 10~30万円程度
介護サービス費 2万円~4万円程度(地域、要介護度、自己負担割合、サービスの内容、加算などによって異なります)
POINT

✔有料老人ホームとしてかかる自己負担の費用がかかります

✔入居時に初期費用がかかる場合が多くあります

✔介護サービスは介護保険が適用され、自己負担分だけで済みます

介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームとの違い

有料老人ホームを選ぶ際、介護付き有料老人ホームと、住宅型老人ホームのどちらかから選ぶことになることも多くあります。

ここで両者の違いを確認しておきましょう。

介護付き有料老人ホームは、住宅型有料老人ホームと比較すると、介護サービスが必要になる方が利用するものという前提です。

そのため、入居時に既に要介護認定を受けている方でも入居しやすいのが特徴です。

ただし、介護付き有料老人ホームでも入居時には自立が条件となっている施設もあります。

一方、住宅型老人ホームは入居時に介護が必要となっていることはあまり想定されていません。

その代わり、入居できる年齢を60歳ぐらいと低く設定している場合も多いようです。

介護付き有料老人ホームはサービスについてここまで説明した通り、介護サービスまで含めて提供されます。

一方、住宅型有料老人ホームは施設での介護サービスの提供を前提としていません。

そのため、住宅型有料老人ホームでは、外部のケアマネジャーに依頼し、外部の介護サービス事業者を利用するなどして介護を受けることになります。

どちらも有料老人ホームとなるので、初期費用や月額費用に差はありません。

違いが出るのは介護サービスに関わる部分です。

介護付き有料老人ホームは、基本となるサービス費は要介護度に応じて日ごとに定額で決められています。

一方、住宅型有料老人ホームで介護サービスを利用しようとすると、外部のサービス事業者を利用するために、そのサービス量に応じて費用がかかります。

サービスの量が多くなると、結果的に介護付き有料老人ホームよりも高額となる場合もあります。

  介護付き有料老人ホーム 住宅型有料老人ホーム
入居条件 介護を必要としている人(入居時には自立していることを求める施設もある) 基本的には介護を必要としていない人
サ|ビス 日常生活に必要なサービスに加え、介護サービスを施設で提供する 施設で提供するのは日常生活に必要なサービスのみ。介護サービスを利用する場合には外部の事業者と契約する
費用 入居費用と月額費用(介護サービスは介護保険が適用され、要介護度に応じて一定額の費用となる) 入居費用と月額費用(介護サービスの量が多くなると、介護付き有料老人ホームよりも高くなる場合がある)
POINT

✔介護付き有料老人ホームは、入居時に既に要介護認定を受けている方でも入居しやすい

✔住宅型と比較して介護サービスまでついた一貫したサービスが受けられる

✔費用面では、住宅型は介護サービス分は自己負担となる

気になる!介護付き有料老人ホームを利用するデメリット・メリット

画像

介護付き有料老人ホームのデメリットは、介護サービスを受けることを前提として入居する場合、サービス事業者を選ぶことができないという点があります。

また、実際に介護サービスの利用がなくても、要介護認定を受けている限りは定額で費用がかかってしまいます。

介護付き有料老人ホームのメリットは、デメリットの裏返しとも言えます。

介護サービスの提供事業者を選ぶことができませんが、施設内のスタッフに申し出ることができるので対応も早く、24時間の体制という安心感があるはずです。

事情も伝わりやすく、連携の良さも感じられるでしょう。

サービス事業者を選ぶことができない反面、馴染みのあるスタッフとの関係ができるなど、ストレスを感じることが少ないかもしれません。

また、基本サービス費は定額のため、サービスの利用が多くなった場合でも一定額に抑えることができます。

POINT

✔施設で介護サービスも提供しているため、体制面でも安心感があります

✔介護サービスの利用が多い場合には余計な費用がかかりません

介護付き有料老人ホームがおすすめな人

介護付き有料老人ホームがおすすめなのは、デメリットで挙げられた点をデメリットと感じず、メリットと考えられる人に向いています。

介護保険施設よりも比較的医自由度が高い有料老人ホームのサービスを魅力に感じていて、介護サービスの必要性も感じている人には向いているのではないでしょうか。

POINT

✔自由度の高いサービスと介護サービスを組み合わせて生活したい人

✔介護サービスにかかる費用は介護保険を利用し、費用を抑えたい人

まとめ 

介護付き有料老人ホームと住宅型老人ホームを主に比較してきましたが、介護付きを選ぶことのメリットをご理解いただけましたでしょうか。

介護付き有料老人ホームには一定の基準もありますが、それでも有料老人ホームとしての入居時の条件や費用は様々です。

介護サービスの提供方法にも2つの形態もあります。

特に入居条件には気を付けましょう。

入居時には自立となっている場合、将来介護が必要になった時にそのサービスの提供を保証するというタイプの施設もあるからです。

施設探しの際にはこの点をよく確認されると良いでしょう。

有料老人ホーム探しの際には、数年後の生活のこともよく考えておくと良さそうですね。

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→