ホーム >> 介護コラム >> 職種 >> ケアマネージャーの仕事内容を解説!給料や居宅についても紹介
更新日 2020.5.23

ケアマネージャーの仕事内容を解説!給料や居宅についても紹介

カテゴリ

今回はケアマネージャーの仕事内容についての記事になります。

ケアマネージャーとして働くことのやりがいや給料、必要なことをまとめましたのでご参考にしてください!

また、ケアマネージャーの資格取得については別記事に纏めましたのでそちらをご参照ください!

ケアマネージャーに必要な能力とは?採用条件やポイントは?

画像

ケアマネージャーはケアプランを策定する上で非常に重要な存在となるため、多くの介護施設でその需要が高い職業と考えられている側面がありますが、その反面現在では資格を持つ人が飽和状態となっている傾向があり、多くの施設でその募集が抑えられている状況にあります。

またケアマネージャーは施設で実際の業務を行うことで施設特有の業務の方法を学びスキルを高めていくと言う特徴があるため、欠員が生じない限りは施設で新たに募集を行うと言う事は非常に少ないと言う実態があるのです。

そのため現在のケアマネージャーの採用状況は応募に対して非常に厳しい状況となっているのが実態で、より高いスキルを持っていないと採用に結びつく事は難しい側面があります。

ケアマネージャーの求人に応募する際には、採用されるための条件を意識することが必要です。

単に資格を持っていると言うだけではなかなか採用に結びつかないことが多いため、様々な評価のポイントをチェックし施設の状況に合わせて、自分のアピールすべき点を十分に確認することが重要となります。

ケアマネージャー自身は5年以上の介護実務の経験がないと取得することができない資格となっているため、介護に関する経験は充分であると評価されることが多いのですが、これだけでは採用の決め手とはならないことが少なくありません。

施設の業務に迅速に適応することができることや、利用者に対して適切なケアプランの設定を行うことができることなどが採用の条件となるため、これに対応するための知識や経験を十分に備えていることが重要な要件となるのです。

ケアプランを作成する上では介護全般に関して高い知識を持っていることが重要となります。

単に法律を理解しているだけではなく、介護士として必要な様々なモラルやルールを習得しておく事はもちろん、利用者に対する負荷のかかり具合や費用面での課題なども十分に把握しこれらを総合的に判断することができる能力を備えていることが重要となるのです。

加えて施設の方針に適合するために、これらの知識や能力を上手に使い分ける判断力も重要となり、経験と知識を豊富に兼ね備えていることが評価されるポイントとなります。

介護施設の多くは複数の業務を1人でこなさなければいけない状況になることも少なくありません。

そのため様々な資格を所有していることが、ケアマネージャーの立場だけではなく施設を運営するための人材と言う意味でも高く評価されることになります。

さらにケアプランを作成する上では様々な資格を持っていることで、より適正なプランの作成を客観的な立場で行うことができると評価されることが多いです。

ケアマネージャーの求人に応募を行う際には募集元の施設の特性を十分に理解することが重要となります。

サービスの主体や施設を運営するための収益源となるサービスなどを認識し、効果的にこのサービスを無理のない範囲でケアプランに取り入れていくこともケアマネージャーの重要な仕事として評価されるのです。

そのため施設に貢献できるケアプランを作成できる人が重宝される傾向にあり、その特性を十分に理解して業務を行うことができる人材となることが重要な条件となります。

介護施設の業務は様々なものがあり、ケアマネージャーはこれらの業務を効率的に動かさなければならないと言う責任を負うことも少なくありません。

基本的にケアプランを作成する際には利用者の介護等級に基づき最適な介護サービスを設定することが中心となりますが、その中でも施設の中で利用者に適合するサービスを効率的に利用することができるように設定することも重要な業務となっています。

そのため施設の仕事に対して十分な理解をし、これらを適切に組み合わせる能力を備えていることも有能な人材として評価されるポイントになります。

このことから施設の仕事に対する自分の適応力を高めておくことが非常に重要なポイントとなるのです。

POINT

✔採用されるためには、知識と経験の両方が備わっていることが必要

✔募集元の施設の特性を理解して、貢献できることが大事

✔欠員が生じない限りは施設で新たに募集を行うと言う事は非常に少ない

求人はこちら!

ケアマネージャーは介護職種の中では3番目に高い給与額

画像

ケアマネの仕事は介護業務の中では非常に重要な役割を担っているものであるため、その給与の額も介護職種の中では比較的高額で、3番目に高いものとなっています。

そのため、介護職に携わりたいと考えている人の間では比較的人気の職種となっていますが、その反面離職率の高い職種でもあります。

その理由は仕事の内容が多岐にわたり、介護に関する総合的な知識を必要とする業務で有ることから負荷が増大する可能性がある点があるからです。

ケアマネの仕事は介護保険制度においては非常に重要な役割を担っており、利用者の等級に応じて最適な介護サービスの計画を立案するとともに、その計画が適正に行われているかをチェックする責任も担うことが多いのです。

ケアマネージャーの平均月収は業界では3番目と言われています。

それ程高額な給与を得る事ができるならとケアマネージャーを目指す人も多いのですが、実際にはこの水準に達するためには様々な条件を必要とするため、多くの場合にはその水準に達する事が難しく、最終的に離職をしてしまう人も少なくありません。

そのため、その業務内容を把握する事が重要となります。

ケアマネージャーは介護計画を適切に立案することが重要な業務となるため、その内容について十分に理解していなければいけないという点が重要です。

その為、介護の現場を知っているケアマネージャーがより重宝される傾向が有るのです。

特に介護の現場を経験している介護士や看護師の経験を持っているケアマネージャーは信頼度が高いため、給料の額も高くなる傾向が有ります。

一般的には介護職種の中で3番目に高い給与額と言われているケアマネージャーですが、その給料の金額は個人差が大きく、低い水準の場合にはその他の職種を下回ってしまうことも少なくありません。

ケアプランを作成することが主な業務であるため、適正なプランを作成することができなければその需要が少なくなり、仕事が減ってしまうため給料の額が低下することも多いのです。

さらに利用者だけではなく施設の側からも様々なサービスの利用の要求があり、双方の要望をバランスよく取り入れながらケアプランを作成することが求められるため、効率よくそのプランを作成することができる人ほど給料の額が高くなるという構造になっています。

そのため場合によっては給料の額が低くなってしまう人も多いのです。

ケアマネージャーの仕事内容は給料の額と密接に関係します。

ケアプランを策定する際には本人の介護等級に見合った適正な介護サービスを受ける事を考慮しなければならないため、介護サービスの内容や効果を十分に理解した上で策定することが必要となります。

さらにそのサービスの利用者に与える影響についても十分に意識し、負担の少ないものを設定しなければなりません。

そのため経験の浅い場合には適正なサービスを設定することが難しいため、立案に時間がかかり効率的な作業を行うことが難しい点が特徴です。

ケアマネージャーにとって資格の取得は非常に重要なものとなっています。

介護サービスを提供する上で様々な資格を保有していなければサービスを提供できないものがあり、これらをケアプランの中に含めるためには専門的な知識が必要となるのです。

そのため、自らが資格を取得し、その内容を把握した上でプランを作成することが最も効率よく作業を行うために重要な方法となります。

POINT

✔ケアマネージャーの平均月収は35万で、介護で3番目に高い

✔効率よくケアプランを作成することができる人ほど、給料の額が高くなる

✔自らが資格を取得してケアプランに活かすと効率がいい

かいご畑とは高度高齢化者の時代的な背景の中、介護業界での仕事探しやキャリアアップのサポートのために厚生労働省から認可を受けたサービスセンターです。

経験者・未経験者問わず、専任のコーディネーターが個別の相談を踏まえて個人の希望に最もフィットする求人をご紹介しています。

ケアマネージャーをはじめとして多くの求人がそろっているため、その中からあなたの希望にあった求人をご紹介いたします。

また、資格取得などのキャリアアップ応援制度が確立されているため、働きながらの講座受講などで初級資格から上級資格まで介護業界で働く人たちのライフサポートまで行っています。

ご利用はすべて無料ですのでご興味のある方は是非利用してみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネーターによる徹底サポート

_

無料で相談する→

ケアマネージャーの仕事内容とやりがい

画像

日本では平成9年に初めて、介護保険制度が施行されました。

介護保険制度とは高齢化社会に向けて福祉の充実を図るためにできた制度であり、この介護保険サービスの中心となり活躍する職種がケアマネージャーです。

まず最初にやることは、お年寄りとその家族から介護相談を受けることです。

介護相談の依頼は本人から入ることもあれば、その家族から入ることもあり、または地域包括支援センターなどから依頼が入ることもあります。

お年寄りがより良い介護サービスを受けられるようにするためには、お年寄りとかかわりのある家族や親族などのすべての人や、病院や介護サービスなどのサービス業と連携をとることが求められます。

利用者がすでに介護サービスを利用しているようであれば、病院の担当医師や事業所から情報を入手することも一つの仕事です。

またお年寄りと利用するサービスの担当者や病院の担当医などが集まって話し合いを行う場をセッティングし取りまとめることも、大切な仕事といえるでしょう。

病気によってこれまでよりも介護を要するようになった、新たに介護保険サービス制度を利用したいというような状況に陥った時には、まず最初に地方自治体要介護認定の手続きを取らなければなりません

この認定は介護が必要であると自治体が認定することであり、この認定を受けることにより、介護保険の給付が受けられることになります。

しかしこの手続きには専門的な知識が必要であり、さらには細かな内容を書類に記載しなければなりません。

そこで必要となるのがケアマネージャーであり、お年寄りやその家族に代行して書類を作成し、認定調査を受けられるようにと手配を行います。

介護サービスの説明書やスケジュール表のようなものをケアプランと言います。

ケアプランはケアマネージャーが作成するものであり、ケアプランがなくては介護サービスを受けることは難しくなります。

介護の方法は訪問介護やデイサービスの利用など様々な方法がありますが、数ある介護の方法の中から、本人に一番最適なプランを考え出します。

お年寄りや家族の要望を聞いた上でどのようなサービスが最も適しているのかを考え、どのような目的でどのようなサービスを利用していくのかが記載されます。

ケアプランを作成することは、ケアマネージャーの業務の中でも特に重要な仕事といえるでしょう。

お年寄りや家族、利用する介護サービスの事業所にまでケアプランは配布されることになるので、分かりやすい言葉を使い、丁寧に作成することが求められます。

実際に介護サービスの利用が始まれば、ケアマネージャーは定期的にお年寄りを訪問し、健康状態やサービスの利用が適切であるかどうかなどのモニタリングを行うことになります。

サービスが本当に利用者に合っているのか、利用者の健康や精神面に変化はないか、本人や家族はサービスに満足しているのかなどを確認したうえで、必要であればケアプランの変更も行っていきます。

そのほかにも介護保険の給付を請求したり、各介護サービスと連絡を取って調整を行ったり、新規利用者を獲得するなど、ケアマネージャーの仕事は多岐にわたります。

ケアマネージャーのやりがいとしてまず第一に考えられることは、利用者やその家族に喜んでもらえることと言えるでしょう。

介護を必要とする人や、その介護者となる家族や親戚の多くは、介護をするに当たり大きな不安や心配、悩みなどを抱えているものです。

ケアマネージャーはこれらの悩みの相談を受け、時には援助しながら最適なケアプランを立てた上で、良い方向へと導いていく必要があります。

利用者や家族がどうすれば前向きに生きていけるのか、より良い方法を見つけ出すことが大きなやりがいとなり、それに対して喜んでもらえた時には大きな喜びとなるでしょう。

家族の介護は24時間365日続くものであり、心も体も大きな労力を要します。

現在は家族だから介護をするのは当たり前だという時代ではありませんが、まだまだ介護の問題を抱え込んで疲れ果てている人は多く見られます。

このような介護の問題を抱える人や、介護を必要とする人などの問題にケアマネージャーが介入することにより、状況を大きく変えられる可能性があります。

ケアマネージャーは介護業界の中でも重要なポジションを持ち、ケアマネージャーがいなければ介護のサービスはうまく機能しないという点も大きなやりがいと言えるでしょう。

今後は高齢化社会から超高齢化社会に向かうともいわれ、ケアマネージャーの重要性は高まり求人数も増えていくことでしょう。

POINT

✔介護保険サービスの中心となるのがケアマネージャーという仕事

✔介護相談、資料作成、ケアプラン作成など多岐にわたる仕事内容

✔利用者やその家族に喜んでもらえるのは大きなやりがいに繋がる

求人はこちら!

ケアマネージャーの経験を積むために必要なこと

画像

ケアマネージャーは介護に関する専門職で、この資格は福祉や保健医療の分野での実務経験がないと取得することはできません

介護計画や介護方法などの介護全般に関するコーディネートを行うことが主な業務内容です。

具体的に言えば、介護サービス利用者との面談や相談、そしてケアプランを作成して実際の介護のサービスを提供する施設と調整を行います。

介護サービスを利用している高齢者は、何も介護施設の利用者だけとは限らず、在宅で暮らしている方もいますので、そういう方もケアマネージャーが必要になります。

高齢化社会もいよいよ現実味を帯び、高齢者はさらに増え続けています。

こうした時代の流れで重要視されてくるのがやはり介護関係の仕事です。

介護サービスの統括を行うケアマネージャーは、今後ますます必要な存在になることは間違いありません。

この資格を取得するためには、まず介護支援専門員実務研修試験を受けて介護支援専門員証を取得し、さらに実務研修を終了することが条件となっています。

ですから実務経験のない方がいきなりこの資格を目指すというのはかなり厳しい道のりになってしまうでしょう。

晴れてケアマネージャーの資格を取得し、介護の現場で働くときにはさまざまな問題も出てきます。

単純に資格を有しただけでは厳しい面もかなりあるわけです。

ですから資格取得が最終目的ではなく、資格を取ったあとはケアマネージャーとして実際に現場で多くのことを勉強する必要があります。

この世界には経験がなければ超えられない難しい問題も多く存在しますから、常に学ぶ姿勢というものが必要です。

これは施設に勤めた場合もそうですし、在宅向けの介護支援でも同じで、実務をこなしつつ、貴重な体験を宝としてさらに勉強を重ねていくことが大切になります。

ケアマネージャーが活躍できる職場はいろいろあります。

前述したように介護施設で働く場合が一番多いのではないでしょうか。

しかし、今は高齢者の一人暮らしも増えていますし、外出がなかなか難しいという場合もありますから、そういう利用者には居宅介護支援事業所に所属して仕事をする人も増えています。

どちらで働くにしても、ケアマネージャーは利用者とその家族との信頼関係を築くことが大切です。

現実の話、ケアマネージャーは未経験から転職するのが難しい職種だと言われています。

また、資格取得のために勉強してきたことや研修などで学んだことが、実際の現場ではまったく役に立たないこともあるわけです。

何か難しい問題が発生したとき、その場の自分の判断が必要になってくることも多いです。

そこでこの職業を諦めてしまう人も少なくありません。

ここで大事なことは、より豊かな経験を積むということです。

それから何か介護関係の仕事に役立つような国家資格を持っていると、実際の業務の中ではかなり有利になります。

ケアマネージャーに有効な国家資格と言えば、たとえば介護福祉士や社会福祉士などの資格でしょう。

これらの資格を持っていれば、介護職に関して深い理解と知識があるということで、厚い信頼と高い評価をもらえる場合も多々あります。

それは何も人から評価されるためのものではなく、何よりも自分にプラスになるのではないでしょうか。

POINT

✔ケアマネージャーは介護や福祉などでの経験がないと資格取得できない

✔利用者だけでなく、家族とも信頼関係を築くことが大事

✔介護福祉士や社会福祉士など他の資格を取得することで役に立つ

まとめ

今回はケアマネージャーの仕事内容に特化した記事でした。

ケアマネージャーになるには、試験合格後に研修を受けて晴れて資格が得られるわけですが、すぐに戦力になれる訳ではありません。

実際にコミュニケーション能力や対応力なども必要になる訳です。

それでも介護相談、資料作成、ケアプラン作成など多岐にわたる仕事内容になりますし、家族や利用者に喜んでもらえればやりがいにも繋がります。

皆さんもぜひケアマネージャーを目指してみてください!

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→