ホーム >> 介護コラム >> 仕事 >> 介護の職場選び|働きやすい施設や良い人間関係を築くためには?
更新日 2020.5.22

介護の職場選び|働きやすい施設や良い人間関係を築くためには?

今回は介護職の職場選びに関する記事になります。

みなさんは求人情報を見るときに、これだけは譲れないという条件や自分の強みを知るために自己分析をしていますか?

そのような求人条件の考え方や介護求人サイトの活用法について書いてあるのでご覧ください!

 

どんな条件で働きたいかを考えてみよう

画像

介護スタッフとして働くことに決めても、やりたいという気持ちだけで応募してしまうのは早計です。

どのような条件で仕事がしたいのかをよく考え、自分に合っている職場を見つける必要があります。

自分の希望と全く合っていない職場で働いていると、さまざまなトラブルがあったときに挫折しやすくなってしまうのです。

同じ介護スタッフでも、施設によって条件は大きく異なっています。

どこでも同じだろうと思って手当たり次第に応募するのでは、失敗する可能性が高くなるだけです。

応募したいと思う施設が見つかったら、条件について詳しく確認しなければなりません。

分からない部分は問い合わせることが重要です。

どのような条件で働きたいかを後から考えようとしても、なかなか考えつかないことが多いです。

介護スタッフの仕事は一般企業の仕事とは大きく異なる特徴があり、何らかのキッカケがあって希望するようになるのが一般的だといえます。

最初に介護スタッフになりたいと思ったとき、どのような介護スタッフを想像していたのかを思い出してみると条件についても考えやすいです。

働きたい施設を探す段階では、自分の条件について考える時間的余裕がなくなってしまいます。

十分な時間があるのは実際の施設探しを始めるまでの間なので、時間は意外と限られているのです。

希望する条件について考えていく上で大切なのは、最終的に妥協することができるのか、どうしても妥協することができないのかという点だといえます。

なぜなら、自分が希望する複数の条件を考えていたとしても、その全てを満たす施設を見つけることはほとんど不可能だからです。

希望に合わないと思っても受け入れざるを得ない部分が必ず出てくるため、どこまで妥協するかを決めておかなければなりません

あらゆる条件を満たしている施設を探そうと努力するのは時間の無駄です。

介護スタッフは誰かのために仕事をする職業なので、自分の希望ばかりを優先して働き始めるのでは仕事がうまくいかなくなります。

介護スタッフとして働く際の条件には、さまざまな種類があります。

できるだけ多くの収入を得たい人もいれば、収入は少なめでもいいから休日などの余裕が欲しい人もいるのです。

どのような条件を優先するかは個人の自由なので、自分の希望をしっかりと考えなければなりません。

他の人にとっての幸せは、必ずしも自分の幸せと一致していないのです。

たくさんのお金があったとしても、やりたいことをやる時間がなければ意味がありません。

十分な時間があったとしても、お金が足りない状況になるのも大変です。

どのような介護スタッフになりたいかを考えることも重要ですが、プライベートを充実させることも忘れてはいけません。

どのような施設で働く場合でも、介護スタッフという点は共通している以上、仕事の内容自体は大きく変わりません。

したがって、求人情報を見るときに意識するべきなのは仕事内容の部分ではなく、労働条件などの部分の方だといえます。

同じ仕事内容なのに条件が全く違っているようなときは、なぜ違っているのかを考えてみることが大切です。

自分なりに出た結論が納得のいくものであれば積極的にその求人に応募していくべきですが、納得できない理由だったときは注意しなければなりません。

苛酷な仕事内容なのに条件が明らかに悪い場合、そこで働き続けることで体を壊してしまうリスクがあります。

介護スタッフに限ったことではなく、仕事をしていく上では条件以外にも意識しなければならないことがあります。

たとえば、仕事をしていて充実感・やりがいを感じることができるかどうかです。

いくら労働条件が魅力的だったとしても、全く楽しいと思えない仕事を延々と続けていくのは苦痛でしかありません。

条件に関しては多少の不満があっても、仕事内容に本当の意味でやりがいが感じられているのなら自分の成長につながります。

条件が魅力的かどうかだけで働く施設を決めてしまうと、何のために介護スタッフという道を選んだのかが分からなくなり、自分を見失ってしまうことがあるのです。

責任感を持って仕事に当たるためには、正規雇用の仕事を探すのがよいと考えられています。

期間の定めがない正規雇用で働くようにすれば、さまざまな仕事を任せてもらえるチャンスが多いです。

しかし、本当に大切なことは雇用形態がどうなっているかではありません。

介護スタッフの仕事も一般企業と同様に、全てが正規雇用というわけではなく、非正規雇用の募集も行われています。

なかなか正規雇用で採用されなかった場合、他の仕事で経験を積むという選択肢もありますが、非正規雇用の介護スタッフとして働くことも有効です。

POINT

✔あらかじめ条件を考えておく

✔妥協できるかできないかの判断をする

✔正規雇用の仕事を探すのが良い

求人はこちら!

体力的に楽な仕事を希望するなら

画像

介護の仕事は体力的にも精神的にもきついといったイメージがあるといわれていますが、そのような仕事の中で、体力的に楽な仕事を希望したいという人などが比較的多くなっている仕事もあるといわれています。

体力的に楽な仕事を希望するのであれば、どのように具体的な仕事を選んでいくようにすればいいのでしょうか。

体力的な面から職場を選ぶということになると、基本的にはその施設に入所している人の自立の度合いに注目することも一つといえます。

自立性が高い入所が多くいる施設なら、自身の身の回りのことを自分で行っているという人が多いといえます。

身体介護は自身の身のまわりのことができなくなってしまい、移動も入浴なども支援者にサポートをしてもらうことが必要になります。

そのため、入居者の自立性という点から見ると、できるだけ自立性の高い入居者が多くいる職場を見つけることが体力的な面では支援をする側にとってのメリットが大きいといえます。

つまり、入居者の自立の度合いはどれくらいの体力が必要になるのかを知る一つの目安といえます。

入居している人の自立性は要介護度というところに表れていると考えられます。

介護保険では認定を受けますが、このサポートの必要性に関する度合いは保険の認定の際に用いられる判定基準で、その人の身体の状況などから支援サービスが必要な度合いを決定する者です。

要介護度は要支援1と2と介護度1から5まであります。

この度合いが要支援の場合は食事や排泄、着替えなどが概ね自立しており、時々支援を要する状態です。

1の場合には全体的にはいろんなことを自身でできるものの、食事や排泄、着替えは概ね自立していても一部介助やサポートが必要な状態です。

5まで段階的に支援の必要性が高くなっていき、5では寝返りができない寝たきりの状態です。

身体的なサポートはその人の食事や入浴、排泄や着替えなどに関するサポートです。

身体介護は身体に直接触れて行います。

要介護5の入所者をサポートする場合には、入浴する場合にはベッドの上から浴槽まで移動をすることになります。

そして、入浴中も数人で介助をすることが必要になります。

その場合、体を移動させることに関するすべてのことはサポートをする人が行いますので、仕事をする際の体力的な負担も高くなります。

そのため、サポートが必要な度合いが高いとそのぶん、サポートをする人の体力的な負担も大きくなるといえます。

したがって、体力的に楽な仕事は、サポートが必要な度合いが低い人が多い施設を選ぶということはポイントといえます。

 

必要な支援の度合いから考えると、もう一つのポイントが入所して暮らすという施設ではないデイサービスやデイケアなどの通所サービスを提供する施設なども体力的に楽といわれています。

デイサービスは24時間入所している場合と異なり、一日のうち、限られた時間でサポートサービスが提供されます。

そのため、一定の時間内に必要になったサポートを行うということになり、送迎などの時間などもあり、直接身体的なサポートをする機会は、有料の老人ホームなどに比べると少ない場合が多いと考えられています。

そのため、体力的には比較的負担は少ないといわれているのです。

サービス付高齢者住宅はケアプランに基づきサポートサービスの提供が行われています。

特養などと比較すると身体介護なども少なく、体力的な負担という点では楽といえます。

業務の内容は身体なサポート業務よりも、安否確認や見守りなどに関する業務が多く、入居者の生活相談サービスなどを提供するという業務内容も多くなっています。

この施設での対応は訪問サポートでの対応となり、身体介護ではなく生活援助が多くなっているといわれ、掃除や洗濯、調理などのサービスの提供が行われる場合も多いといえます。

そのため、体力的には楽という傾向が高いといえます。

小規模な施設は大規模な施設に比べると対応する上で体力的に楽だという人もいます。

大規模な施設で身体介助を伴うサポートを行うという場合には限られた人員で対応するという点からも考えると体力的にきついということが挙げられます。

また、サポートの必要性が高い入所者をサポートする場合には、身体的介助の度合いも高くなるため、体力面での負担は高いといえます。

そのため、小規模な施設で必要な支援の度合いはそれほど高くない入居者が多い場合は、体力的に楽な場合が多めといえます。

POINT

✔入居者の自立性が肉体的負担に関係してくる

✔デイサービスやサービス付き高齢者住宅なども身体的負担は少ない

✔小規模な介護施設も比較的楽

求人はこちら!

給料が高い仕事を希望するなら

画像

介護の仕事が好きで続けていきたい気持ちがあっても、生活が出来ないほどの給料では毎日の生活に困るようになります。

家族を養わなければならない立場にあればなおさらのこと、好きだから続けていくという気持ちだけでは続けていくのが難しいでしょう。

家族のためにも真剣に給料面と向き合っていかなくてはならないですので、高い給料がもらえるような所で介護スタッフとして働いていかなくてはなりません。

介護業界にはたくさんの施設がありますので、働く施設によって設定されている給料が違いますので、どこに転職をしても同じというわけではありません。

手にできる給料も違いますし、待遇にも違いがありますので、現在の状況に不満が多いのであれば、転職先を探した方がいいと言えます。

ひと月に3万円ほどの違いがあれば、年収で考えてみれば数十万円の差が出ますので、かなり大きな差になるはずです。

働く場所を変えるだけで年収アップを望めるのであれば、家族の生活も楽になるようになり、不満を言われることも少なくなります。

施設によって差が出るのであれば、高い給料をもらえる所で介護スタッフとして働いた方がいいですが、どこで働けばいい給料をもらえるでしょうか。

例えば、特養と言われる介護老人福祉施設は、介護業界の中でも比較的高い給料をもらえる場所になっています。

特養はスタッフにかかる負担が大きいのもあり、他の施設に比べて比較的高めの給料が設定されている為、高い給料をもらいたいのであれば、選択肢として考えてみるといいでしょう。

高い給料をもらえる可能性があるのは特養にはなりますが、比較的低い設定になっている所もあります。

病院などに関しては、他に比べて低めの設定にしているところが多い為、お金にこだわりたい人には向いている場所ではありません。

もちろんすべての病院の介護の仕事が給料が低い設定なわけではありませんが、比較をしてみると低いと感じてしまう状態になるところが多いでしょう。

いろんな手当のことも見ながら総合的に見ていかなくてはなりません。

少し範囲を広げて求人を探してみた場合、今までとは違う求人が見られるようになります。

都会で探せばいい条件で働けるようになりますので、思い切って引越しを考えるようにし、職場の近くで働く事も出来るでしょう。

そこで通いで行くとなれば交通費が気になりますが、きちんと介護士のことまで考えてくれている施設であれば、交通を出されるところが多いですので、給料に反映してくる事になります。

あらかじめ電車で通おうと思っているのであれば、電車の本数が多い所を選んでおけば、帰りが遅くなって終電に間に合わないという事も減るはずです。

今まではインターネット状の中で表面に出ている求人しか見られていなかったのであれば、あまり給料がいい求人を見つけられていない可能性があります。

金銭的な部分だけではなく他の条件もいい所を探したいのであれば、情報をこまめにチェックするだけではなく、非公開求人も探してみる事です。

非公開求人があれば、一般的な求人よりもいい条件で募集をされていることが多いですので、掘り出し物の求人に出会える可能性があります。

お金もよく待遇もいい条件になっているのであれば、介護業界に関係ない人からも注目をされるかもしれません。

本当に働きたいと思われるような条件がそろっている求人の場合、多数の人に応募されると収拾がつかない為に非公開求人になっていることが多いでしょう。

たくさんのお金をもらいながら介護業界で頑張っていきたいのであれば、たくさんの求人情報を比較しながら探さなくてはなりません。

初任給が少なくても、徐々に上がっていく給料であったり、資格を取得している人は資格手当がつくなど、給料アップを狙える条件はいろいろあります。

資格を取得するごとに手当てがつくようになり、上がるのであれば、お金のためだけではなく自分のためにも資格を取得を目指すことです。

しかし資格を取得しても、資格手当の金額も違いますし、全くでない施設もありますので、そういった条件も確認するようにし、一番効率よく稼げる施設を探してみるのもいいでしょう。

POINT

✔働く施設でもらえる給料が変わる

✔非公開求人でいい求人があるかもしれない

✔給料と自分のためにも資格を取得する

求人はこちら!

介護求人サイトを上手に活用しよう

画像

介護スタッフとして活躍するためには、第一によい職場を見つけることが重要となります。

妥協をして就職してしまうと、すぐに失敗に気づくことがあります。

そしてすぐに転職をしてしまうと、転職自体が癖になりかねません。

転職をしやすい仕事ではありますが、回数が多くなりすぎるのはよくないです。

すぐに辞める人材だと思われれば、転職で不利になってしまうでしょう

妥協をしないために介護求人サイトを活用し、本当に自分に合った職場を絞っていく必要があります。

少なくとも3年以上の勤続をイメージして仕事探しをするのがおすすめです。

求人サイトにはさまざまな種類がありますが、福祉系の仕事を探すなら福祉専門サイトをおすすめします。

これらの仕事に特化したプロが対応してくれるので、自分の強み・弱みを知るためにも役立ちます。

自身の適性を把握しておくことは、就職を有利にするコツです。

履歴書・面接のポイントも学習できるので、久しぶりに求人応募をする方にもおすすめです。

ネット検索のメリットは旬の情報が多いこと、無料で探せることなどがあります。

サイトスタッフが適性に応じた職場を用意してくれるサービスを提供するサイトもあります。

介護スタッフが不足している現在は、仕事探しの選択肢が幅広いです。

求人サイトでエリア検索をして探すのもおすすめで、住みたいエリアから調べる方は少なくありません。

介護スタッフとしてキャリアアップをすれば、平均以上の高収入を狙うことも可能です。

エリア検索は非常に人気のサービスで、非正規スタッフとしてさまざまなエリアを飛び回っている方もいます。

介護の需要が高いエリアは収入も高い傾向があるため、高需要なエリアから検索するのもおすすめです。

求人サイトに会員登録をすれば、非公開求人から検索することが可能です。

登録しなくても公開求人は閲覧できるので問題なしと考える方は多いですが、案件の質が大きく違っています。

非公開案件は全般的に好待遇で、サイト利用者の70%はここで仕事を見つけると言われています。

よい仕事ほどすぐになくなるので、毎日情報をチェックしておいてください。

介護の仕事は豊富に紹介されていますが、好待遇案件となると限定されてきます。

情報チェックの頻度が多いほど、よい仕事に巡り会える確率が高いのは間違いありません。

長く働ける職場を見つけるためには、快適に働けることが何より大切となります。

自分にとって何が必要なのか明確にし、必要以上に妥協をしないことが大切です。

妥協をするほど仕事探しは容易になりますが、それでは求人サイトを利用する意味がありません。

給与は平均以上を狙うのが好ましく、人間関係は良好な職場を探してください

特に人間関係は大切なポイントであり、過度のストレスを感じる職場は好ましくないです。

逆に言えば給料は普通でも、人間関係が良好ならばよい職場と考えることができます。

介護求人サイトで人気の案件がオープニングスタッフで、横並びで人間関係を築くことができます

少なくともスタートラインでは上下関係はほとんどないので、気楽に働くことができるはずです。

もちろん派閥なども存在しないので、和気あいあいとした人間関係を構築できるでしょう。

入職者はすべて新人としての扱いになるので、先輩風を吹かすようなスタッフはいません。

オープニングスタッフ案件は非常に人気があるので、毎日サイトをチェックして見つけ次第応募するのがおすすめです。

介護の仕事に応募する上で、自己分析をしておくのは大切なことです。

とは言っても自分で自分を分析するのは困難ですから、求人サイトのサービスを利用するわけです。

自己分析サポートを利用することで、自分の強みを認識できるでしょう。

それによりどのような職場が向いているのか判断できますし、同時に弱点も見えてきます。

得意分野を延ばすことは大切ですが、苦手分野もなるべく克服したいところです。

自身のコミュニケーション能力についても知っておけば、今後の職場に活かすことができます。

介護の仕事はたくさんありますが、本当によい仕事を見つけるためにはスピードが大切です。

よい案件を見つけたら翌日に延ばすことなく、即日中に応募してください。

応募は1分1秒でも早いほうがチャンスは大きくなるので、今日やるべきことは今日中に行うようにします。

翌日に応募しても大丈夫だと安易に考えてしまうと、いざ応募したらすでに決まっていたという状況になりかねません。

自分が狙っている仕事にはライバルもいると考えて、ライバルに負けないようにアクションを起こしてください。

職場によっては応募順で採用を決定するところもあります。

POINT

✔非公開求人からの応募は人気

✔オープニングスタッフも人間関係が平行なのでやりやすい

✔自己分析をして自分の強みを知っておく

まとめ

いかがでしたか?今回は介護職の職場選びに関する記事でした。

どんな条件で働きたいのか、また譲れない条件は何なのかを明確にしたうえで求人を探しましょう。

また、その際に求人サイト、特に福祉求人サイトを使うのが便利で登録をしておくと非公開の求人情報が見れたりもします。

そのほか、資格を取得しておくことであったり自分の強みを理解するために自己分析をしておくことも大切です。

介護業界での求人ニーズは、実際にサービス利用者に対しての介護業務を行う従事者だけではなく、介護事務のようなお金回りの管理や、他の職種のサポートを行う求人も多く存在します。

介護業界では、高度高齢化社会の時代的な背景もあって無資格未経験からでも問題なく就職・転職することが可能です

かいご畑は介護業界の慢性的な人手不足を解消するために厚生労働省から認可を受け、介護関連の就職・キャリアアップ支援サービスを行っています。

数多くの求人から専任のコーディネーターが個別に相談することにより最も希望にあった求人を探してきてくれます。

また、働きながらでも受講できる資格取得講座などのキャリアアップ応援制度も確立されており、介護事務をはじめとしてこれからの資格取得を考えている方にとっては強い味方になってくれるはずです。

ご利用は全て無料ですので、介護業界に興味のある方は是非一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→