ホーム >> 介護コラム >> 仕事 >> 【初心者必見】介護職の魅力ややりがい・将来性ってどうなの?
更新日 2020.5.25

【初心者必見】介護職の魅力ややりがい・将来性ってどうなの?

今回は介護職の魅力についてまとめました。

介護業界は現在、需要が高い業界でありながら、働き甲斐のある業界でもあります。

そのため、新卒や転職でも飛び込みやすい業界で、政府が賃金についても改革を行っています。

現在介護職に就こうか迷っている方はこの記事を参考にしていただけると幸いです!

介護の仕事はやる気があれば資格がなくてもはじめられる

画像

介護職というと肉体労働が多くとてもハードな仕事というイメージを持っている人も多いと思います。

実際に重い物を持ち上げたり排泄のケアをするなど重労働もあるのできついと感じることも多いですが、それ以上にやりがいを感じることも少なくありません

何よりも人に喜んでもらうことができますし、お世話をしている人から感謝されることも多いからです。

お世話をした方から笑顔を向けられると疲れが吹き飛んで元気になるという人もいます。

介護の仕事をしたいと思った場合には、公的な特別養護老人ホーム・民間の老人ホーム・グループホーム・在宅支援サービスを提供している事業所などに就職するのが一般的です。

専門学校や大学で介護に関する専門的な知識を学んでから就職する場合もありますし、一般的な高校を卒業して就職する場合もあります。

それぞれの施設によって仕事内容は異なっており、仕事のやり方や待遇などにも差があるようです。

資格を保有していることを条件としている職種もあります。

その反対に資格がなかったり未経験でも大丈夫な求人もあるので、やる気さえあればチャレンジすることも可能です。

専門的な知識が必要となるケアを行う際には資格が必要になります。

例えば在宅で胃ろうや痰の吸引といった処置をすることは、医師や看護師など医療従事者でなければ行うことができないと定められています。

訪問介護を行う場合には基本的に一人でケアを行わなければならないので、有資格者がケアを担うことが多いようです。

それからグループホームは認知症患者を対象としているので、認知症に対する専門知識を持っていることが条件になります。

老人ホームなどの施設でも入浴介助や排泄介助など直接体に触れるケアは、資格を持っていないとできない事が多くあります。

資格を必要としない仕事はそのほとんどが介護のサポート業務になります。

介護助手や補助員と呼ばれる職種です。

部屋の中を掃除することやシーツ交換などのベッドメイク、備品の整理整頓や管理といった業務は特別な資格が無くても行うことができます。

その他にも食事の際に配膳をしたり、後片付けをしたりすることも介護の仕事に含まれます。

有資格者が入浴介助や排泄介助などを行っている間に作業しやすい環境を整えることで、周囲の負担を減らすことができます。

サポート業務とはいっても自分の判断で動かなければいけないことも多いので、ある程度の責任が伴います。

また、民間の老人ホームなどではレクリエーションを行っているところもあります。

そのレクリエーションの企画をしたり、準備や後片付けをすることも仕事の1つになります。

その他にも運転免許を持っている場合には、送迎のドライバーとして働く場合もあります。

施設などでは入居者の話し相手になることも重要な業務の1つになります。

人と触れ合うことはメンタルケアにもなるので、積極的にコミュニケーションを取ることが求められます。

話をすることで些細な変化に気付くこともできますし、何を求められているのかを把握することにも役立てることができます。

介護助手や補助員として働くのであれば、特別な資格は必要ありません。

具体的には施設で出している求人に応募することになります。

求人サイトなどに求人が出ていることもありますし、ハローワークで応募できる場合もあります。

求人情報の内容を確認して、勤務地・勤務時間・給与などを考えて応募することになります。

介護施設ではシフト制を取っていることが多いので、特に勤務時間や休日などはしっかりと確認することが大切です。

正社員だけではなく、パートやアルバイトなどの募集を行っているところもあります。

パートやアルバイトは日中の決まった時間だけ働きたいといった場合におすすめです。

介護業界は人手不足と言われています。

日本は超高齢化社会を迎えており、老人ホームなどの数も増加傾向にあります。

しかし、需要がそれを上回っているので人材が不足している施設も多くみられます。

そのため希望すれば比較的就職しやすい状況になっています。

事務職など全く別の仕事をしていた人が、介護職に転職する場合もあります。

専業主婦をしていたけれど、子供の手が離れたのでパートとして働くようになったという人もいます。

また、正社員として採用されやすいというメリットもあります。

ただし、他の業界と比べると給与が低めなので途中で離職してしまう人もいるようです。

夜勤などもあるので、女性の場合には結婚や出産を機に離職する人もいます。

それでも待遇は徐々に改善されてきていますし将来性も期待できる分野です。

POINT

✔介護助手や補助員と呼ばれる職種は資格を必要としない

✔勤務時間や休日はしっかりと確認しておくこと

✔正社員として採用されやすい

求人はこちら!

仕事をしながら資格取得も!キャリアアップがしやすい

画像

日本は世界の中でも有数の長寿大国であり、超高齢社会に突入した今日においては介護が必要な高齢者の割合は増加の一途を辿っています。

介護が必要な高齢者を社会全体で支えていく仕組みとして平成12年4月に介護保険法が施行され、この業界の需要は高くサービス事業所の増加に伴ってますます求人数が増えている現状があるのです。

心身共に強さが求められるこの業界の職員は離職率が高いこともあり、知識や技術、経験が無くても誠意を持って働く意志を持っている人であれば比較的幅広い年代の人を採用する業界でもあるのです。

高齢者支援事業所には様々な種類のサービスがあり、無資格・未経験から現場で働ける種類の事業所も少なくありません。

運営している法人や企業も資格や経験が無い職員を時間をかけて育てながら、将来的な戦力としてキャリアアップさせていきたいと考えています。

人相手の仕事であるこの仕事は誠実に一人ひとりと向き合う心や姿勢などの人間性や資質が求められているのです。

今後ますます需要が増えていく介護業界においては常に働き手は求められている存在であり、高齢者が増えている日本においても重要な役割を果たしています。

高齢者の日常支援は排泄や入浴、食事介助など体力を使う仕事も沢山ありますが、人生の先輩である高齢者との関わりには人生経験を重ねた中高年の力も求められているのです。

需要が高い業界だからこそ幅広い年代の人に転職先として選ばれている理由にもなっており、さらにこの業界での仕事は、仕事をしながら経験を積み重ねさまざまな資格取得を目指してキャリアアップがしやすい特徴もあります。

事業所で様々な責任を負って昇格していけばやりがいを感じながら働ける上に、給料アップも見込めるのです。

未経験と無資格の人が目指す最初の資格としては介護職員初任者研修があります。

この資格は通信講座や短期集中講座など様々な受講の方法があり、働きながらでも取得がしやいメリットがあります。

全課程を受講した上で試験が有りますが、講座の内容をきちんと学んでいれば難しくはありません。

この業界でスタートとも呼べるこの資格を取得することで、正社員への道が開けたりキャリアアップのステップを登ることが可能です。

この資格を取得した上で実務者研修を受講し、実務期間3年の実績を積み重ねれば、国家資格である介護福祉士の受験資格が取得できます。

この国家資格は介護業界で長く働いていくためには欠かせない重要な資格であり、幅広い内容の知識と専門の介護技術が求められる資格だからこそ取得すれば確実に仕事に生かせてキャリアアップになるのです。

さらに5年の現場経験を積み重ねればケアマネージャーの受験資格を取得できます。

この資格は高齢者支援サービスにおける要の職種でもあり、一人ひとりに必要な介護支援計画をプランニングしたり、様々なサービス提供事業所や家族、医療機関などの社会資源を結びつけて包括的な支援が行えるように調整を行う役割があるのです。

このように介護業界では無資格・未経験からキャリアをスタートしても、仕事をしながら資格を取得しやすい様々な専門資格が揃っています。

介護の仕事は肉体的にも精神的にもタフさが求められますが、人の役に立つ仕事でありやりがいを感じられる仕事でもあります。

自分自身のスキルを上げていくためには資格取得のための学びや試験勉強も欠かせない努力であり、資格取得がスキルアップに直結する魅力もあるのです。

現場の経験年数を重ねる毎にチャレンジできる受験資格が増えるために、長期的な目標を立ててキャリアアップを目指し、計画的に学びながら一つひとつの資格を取得して行く事で、結果職歴としての現場経験と実績、そのスキルを公平性を持って評価して貰える資格の取得という形で自分のキャリアをアピールすることが出来る様になるのです。

介護サービス事業所には一般のケアスタッフとして自分のキャリアをスタートさせたとしても、働いているユニットを取りまとめるリーダー、現場を管理する主任など様々な役職があります。

最終的には事業を管理する施設長や管理者になる道もあり、需要が多い業界だからこそ新規開設に伴う昇格なども望みやすい環境でもあるのです。

経験や資格、能力が認められれば一般企業よりも昇級する年齢は若い場合も多く、目標を持って努力する事で道が開けやすい業界でもあります。

POINT

✔誠実に人と向き合っていける素質が求められている

✔資格を取得してキャリアアップも目指せる

✔目標を持って努力をすれば道が開けやすい業界

働きながら資格取得するなら!

将来性がある!国が補助金を出す可能性も

画像

介護は高齢になった人などの身の回りの世話などを行う仕事です。

介護の仕事と聞くと体力的にたいへん、仕事内容がハードなどのイメージをもつ人などもいますが、この産業は日本の成長産業といわれ、リストラや職を失ってしまうリスクが低くて安定している仕事だといわれているのです。

また、この仕事は場所を問わず、人が暮らす場所ならどこでもあるといわれています。

例えば、IターンやUターンなどで新しい土地で仕事を探さなければならないという場合、仕事が探しやすいといったメリットもあるといわれているのです。

そのため、この仕事を探す人が仕事に就きやすい状況になっているといえます。

今後、日本の高齢化はさらに進んでいきます。

そのような中でこの仕事は日本の成長産業といえます。

老齢人口が多くなり、75歳以上の高齢者数が急速に増加するといわれています。

2010年の75歳以上の人口を1とすると、2025年には1.5倍に増えることが予想されています。

この先、日本の人口は全体としては少なっていきます。

例え、全人口が3分の2近くに減ってしまう場合も、75歳以上の高齢者の数は今後40年でさらに増加するといわれているのです。

75歳以上の人の人口増加に伴い、サポートのニーズが高まります。

そのため、サポートのサービスの仕事は成長産業で、将来性があると考えられています。

現在、必要なスタッフの数は不足しているといわれています。

過去に比べると増えているこの職に就く人の数ですが、将来的には更に必要となるといわれています。

そのため、この仕事に就きたいという人は業界から歓迎されます。

この仕事に就いたことはなかったけれどもやってみてよかったという人も多くいます。

前向きな気持ちをもってこの仕事に就こうとする人は未経験者でも受け入れてくるという土壌があるのです。

また、サポートのスキルのある人に対するニーズもあり、今後も成長産業としてサポートに関する職のニーズは社会全体で高まっていくといえます。

初めてこの仕事に就くという時、やる気があれば未経験でも仕事に就くチャンスをもらえるのがこの仕事といえます。

研修を受ける機会なども用意されている施設もあり、最初は資格はなかったけれども働きはじめてから介護職員初任者研修を受けてから修了試験に合格し、次のキャリアアップの目標をもてたという人も多いのです。

給与がアップする場合などもあります。

この職などで認められている公的資格や国家資格は、働く年数などによって受験資格が設定されており、一定期間以上働くことでこれらの資格を受験できる受験資格を得ることができるものがあります。

そのため、働きながら資格を取得し、更にキャリアアップを図ることも可能です。

この仕事は今後も高い社会ニーズがある仕事ですが、一般に介護職の月給は他の仕事の給料と比較すると10万円ほど低くなっているといわれています。

ニーズや重要性が高い仕事ですが、給与水準はそれほど高いというわけではないということなのです。

そこで、その差を少なくしていくために国から加算案が提出されました。

政府が勤続10年以上の介護福祉士に対して、平均月額で8万円相当の賃上げを行うことが閣議決定されました。

この支給にはルールなどがあるのですが、このことによって介護の仕事は仕事がきついというイメージや給与が低いといったイメージが改善していくことが期待されています。

介護事業所を起業したり、新しく介護士などを採用する場合などに条件を満たすと、返済が不要の補助金や助成金を受給できる可能性があります

サポート事業を行っている組織にとって補助金や助成金は、介護士などの労働環境の改善を測ったり、人材の定着を図る上でとても重要です。

様々な制度ごとに手続き方法は異なっていますが、補助金を得ることでサポートを行うスタッフを増やしたり、よりよいサポートサービスを利用者に提供することができます。

また、今後増えていくサポートのニーズに対応することができるようになったりするというメリットがあります。

POINT

✔政府が介護福祉士にに対して勤続年数10年以上の場合8万円を支給することにした

✔事業者に対しても事業者への補助金導入を検討している

求人はこちら!

人の役に立てる!やりがいを感じる介護の仕事内容

画像

介護の仕事へのイメージは、きつくてしんどいというイメージを持ちやすいですが、実際に働いてみればどれだけのやりがいを感じられるかが実感できます

仕事をしていく上では、やりがいを感じられなければ働く気力を奪われる事になりますが、このまま働き続けたいと思えるような仕事であればやりがいを感じながら働けるはずです。

介護の仕事をしていく上ではどういった部分で感じられるようになるでしょうか。

老人ホームなどで仕事をしていると、毎日入所者の介助をしていくようになりますが、その際に感謝の言葉をもらうことが出来ます。

介助がなければトイレに行く事も、お風呂にも入ることが出来ないような人の場合、手伝ってもらう事によってそれが出来るようになります。

仕事として当たり前のように介助をしていくだけでも、その度にありがとうと言ってもらえれば、これからもしっかり助けてあげたいと思うようになり、どんどんやりがいを感じられるようになるでしょう。

入所者が1人で困っている時などに助けてあげる事によって、目的を達成する事が出来れば、その時には笑顔を見せてもらえるようになるでしょう。

手助けをする事によって嬉しそうに笑顔になってもらえれば、一緒に嬉しい気持ちを感じられるようになり、自然と笑顔を出しながら仕事をしていけるので、心が温かくなるような気持ちになれます。

笑顔になる事が出来ない仕事では、やる気をなくしてミスをしやすくなりますが、やりがいがありやる気が出てくれば集中して働けるので、ミスをする事なく働いていけるでしょう。

やりがいを感じながら働けるとはいっても、具体的な仕事内容がわかっていなければ、自分にやり遂げられるかどうかがわからないはずです。

介護の仕事内容を知る事によって、その仕事の実情も見えてくるようになりますし、自分が働いているイメージも持ちやすくなっていきます。

介護の仕事は主に介助が必要な人の日常生活の手助けをしていくような仕事で、あらゆる事に対して介助をしていくようになります

排泄の介助には抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、上手く排泄が出来なければ体にも影響が出ますので、しっかり介助をしていかなくてはなりません。

入所者からしてみると、恥じらいを感じたり申し訳なさを感じる人もいますので、そういった気持ちにさせないようにしてあげる必要があります。

申し訳ないからと言って排泄を我慢されてもいけませんので、しっかり信頼関係を築いていくようにしましょう

出来るだけ自分で行えるようになるよう自立の手助けをしていく必要もある為、その手助けもしていくようになります。

老人ホームなどの場合、毎日入浴するわけではありませんので、週に何度という風に決めて入浴を行う場合もあります。

1人で入浴をする事が出来ない入所者を介助していくようになりますが、転倒をしないように注意をしてあげる必要があります

高齢者が転倒をすると大けがにつながり、そのまま寝たきりになってしまう事もあるほど危険ですので、細心の注意を払わなくてはなりません。

入浴介助の仕事は力も必要になり、腰を痛めてしまう事もあると考えながら、自分自身で気をつけていくようにすれば大丈夫です。

しかし大変な業務ではありますが、久しぶりに入浴できて気持ちよさそうにしている入所者を見れば、またやりがいを感じるはずです。

食事は自分の口から食べる事によって、物の美味しさを感じられるようになりますし、食事をする喜びを感じていけるようになります。

口から食事をするという事は、食べものを口にして噛んだり飲み込んだりしなくてはなりませんが、その際には注意をしておく必要があります。

高齢の人の場合、嚙む力だけではなく飲み込む力もどんどん衰えてきますので、のどに詰まらないように気をつける必要があるからです。

食事の介助をしていく上では、一口の量に気をつけるようにしたり、苦しそうにしていないかなどをしっかり確認しながら行う必要があります。

老人ホームの中で暮らすようになると、孤独を感じるようになってもいけませんし、何か楽しみがなければ楽しくありません。

入所者が楽しめるようにする為にも、レクリエーションを行って、日々の生活を楽しめるものにしてあげるのも仕事の一つです。

季節ごとにイベントを催したり、体の機能を刺激して回復していけるようにするのもレクリエーション内で行うようになります。

例えばみんなで歌を歌ったり、工作をして何かを制作するというのもいい刺激になっていきますので、介護の仕事の中でもレクリエーションはとても大事な仕事です。

POINT

✔介護職は特にやりがいを感じられる仕事である

✔入浴や排せつ、食事に関して介護をしていく

介護の仕事に向いている人とは?

画像

まず初めに、介護の仕事に向く人の特徴としてホスピタリティ(おもてなし)が高い人が会下られます。

介護という仕事は機械などのモノではなく、1人の人間に対して行う仕事です。

機会的にこなしていけばいい仕事ではなく、会話や利用者の表情などから相手の気持ちを汲み取り、高いコミュニケーション能力をもって相手を思いやることが必要です。

その点おもいやりのある人ならば、ちょっとした気配りや、会話中のさりげない笑顔や質問など利用者を心から幸せだと感じさせることが出来るでしょう。

次に介護の仕事に向いている人の特徴として、世話好きであることが挙げられます。

介護業界全体の理念として、要介護者のの寄り添い、自立の助けとなることがあります。

自立した生活ができなくなり精神的に鬱状態になってしまった人や、事故などによる怪我で1時的に介護が必要になった人などの目標は、再び自立した生活を送れるようになることです。

また、身体介護などは利用者の体に触れる仕事でもあるので、そもそもお世話をすることが嫌いでは勤まらない仕事です。

介護の仕事において、利用者との会話において前向きな言葉を用いて笑顔で接することは非常に大切です。

また、利用者が元気に生活を続けられたり、施設などを卒業して自立することができればそれは何よりうれしいことですが、会議業界という特性上、利用者は高齢者であるため、体調 が悪化して入院してしまったり、亡くなってしまうこともあります

職業柄こうした悲しい部分はつきものであるため、めげずに前を向いていける人でなければ続けていくことは難しいでしょう。

最後に、介護の仕事をする上でもっとも大切とも言える危機管理能力が挙げられます。

要介護者にとっては健常者にとっての当たり前は通用しないことが多いです。

普通なら転ぶないような道や、わずかな段差で転倒して怪我をしてしまったり、その転倒による怪我もかすり傷ではなく骨折してしまったりなど、細心の注意が求められます。

こうした日常生活での注意ももちろんですし、ちょっとした容態の変化が命にかかわるものであったり、介護士は常に利用者の健康状態に気配りをしなくてはなりません

危機管理能力が高い人であれば、こうした問題を事前に防いだり、怪我のリスクをはらんだ場所を把握しておいたりできるため、安心して仕事を任せることが出来ます。

あなたの条件にあった職場を見つけるならココがおすすめ!

画像

出典:かいご畑

無資格・未経験から介護職のキャリアを積みたいと考えている方は、かいご畑がおすすめです!

かいご畑には、働きながら介護資格を”0円”で取得できる「キャリアアップ応援制度」があります。

働きながらキャリアアップを目指している方は、一度、介護業界の人材コンサルタントに相談してみましょう!

3つの特徴

✔介護資格が0円で取得できる「キャリアアップ制度」

✔高給・残業無しの人気求人多数!

✔資格なし・未経験OKの求人が多数

介護職へのチャレンジを全力サポートしてくれる、実質0円で資格を取得できる「キャリアアップ応援制度」があります。

介護教室を運営している、かいご畑だからできる強力な制度です!

さらに資格の勉強をしながら職場で実践することで、一早くキャリアアップすることができます。

「短時間で働きたい!」「残業がないところが良い!」など子育てとの両立やライフワークバランスに合わせて希望にピッタリの求人を探してくれます。

給与や労働条件の交渉も担当の人材コンサルタントが代行してくれるので、無理のない条件で仕事スタートでき、楽しく仕事を続けることができます。

介護の仕事を紹介した方の57%は無資格からのスタートです。

かいご畑では、介護ならではの心得やマナーなどの悩みから資格取得まで全面的にサポートしてくれます。

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→

まとめ

いかがでしたか?今回は介護職の魅力についてでした。

介護職は業界的に供給よりも需要のほうが高まっておりその傾向は今後も高まり続けます。

そのため、無資格未経験でも比較的手に職が就きやすい業界であり、また勤務をしながら資格を獲得することができます。

低賃金という問題も、政府からの支給で良い方向になろうとしています。

また、なによりも感謝をされることで働き甲斐を感じやすい業界でもあるので、ぜひ挑戦してみてください!

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→