ホーム >> 介護コラム >> 職種 >> 【徹底解説】介護福祉とケアワーカー、ソーシャルワーカーの違いについて
更新日 2020.8.7

【徹底解説】介護福祉とケアワーカー、ソーシャルワーカーの違いについて

カテゴリ

今回はあまり聞きなれない、もしくは聞いたことはあるけどあまり知らないケアワーカーとソーシャルワーカーについてのをまとました!

意外と混同しているかもしれないケアワーカーとソーシャルワーカーに関してこの記事を読んでしっかりと理解してください!

また、を理解した上で自分がどちらに向いているのか検討してみるといいですね。

ケアワーカーとソーシャルワーカーのとは?

画像

福祉の現場には様々な職業の人が携わっています。

ソーシャルワーカーもケアワーカーもその中の1つなのですが、両者にはどういったがあるのでしょうか。

名前は知っているものの、具体的な仕事の内容については区別がつかないという人もいると思います。

まず、ケアワーカーとは高齢者や病気を患っている人など介護を必要としている人に対して、様々な介助を行う職業のことをいいます。

介護士や介護職員と呼ばれることもあります。

洋服を着替える際に手伝ったり、食事をする際のサポートをするなど日常生活に必要なサポートを行うのが仕事です。

入浴や排泄の介助を行うこともありますし、ベッドから起き上がるのを手助けしたり歩行時に転倒しないようにサポートしたりすることもあります。

ケアワーカーは、介護施設・老人保健施設・デイサービス・医療機関などで働いています。

介護施設で最も知られているのは特別養護老人ホームですが、民間の有料老人ホームなどもあります。

また、訪問サービスを提供している事業所で、要介護者の自宅を訪問してサービスを提供する場合もみられます。

身体的な介助に加えて部屋の掃除や買い物といった日常生活のサポートを行うこともあります。

ケアワーカーになるのに、特別な資格は特に必要ありません。

福祉関連の専門学校や大学で専門的な知識や技術を学んで介護業界に入る人が多いですが、一般的な高校を卒業して就職する人もいます。

そのため未経験で資格が無くてもチャレンジすることができる職業です。

老人ホームなどが募集している求人に応募して合格すれば、ケアワーカーとして採用されます。

実際に異業種で働いていた人が、介護の仕事をしたいとキャリアチェンジをして老人ホームなどで働き始める人も少なくありません。

介護業界は人手不足が叫ばれて久しいので、未経験でもやる気があれば採用されやすいという状況にあります。

日本では高齢化社会が進んでいるので、ますます介護関連のニーズは高まっています。

介護を実際に行うのがケアワーカーですが、ソーシャルワーカーは相談業務を中心とした仕事内容となっています。

介護をしていると本人や家族から相談されることもあるので、仕事の内容には重なる部分もあります。

ソーシャルワーカーとは、日常生活を送るのに支障がある人やその家族に対して様々な困りごとの相談に乗る職業のことをいいます。

高齢者から子供まで幅広い人を対象としています。

高齢者向けの福祉施設や障碍者向けの福祉施設で働くこともありますし、包括支援センターなどで働くこともあります。

また、病院などの医療機関で働いている人もいますし、学校などの教育機関で働いている人もいます。

民間企業で働くようなケースもあります。

公立の施設で働く場合には、ケースワーカーと呼ばれることもあるようです。

また、社会福祉施設などでは生活相談員と呼ばれることもありますし、小学校などで働く場合には児童相談員やスクールカウンセラーと呼ばれることもあります。

必ず取得しなければいけないという資格はありませんが、働く施設によっては社会保険福祉士や精神保健福祉士といった資格を保有していることが採用の条件となる場合もあります。

ソーシャルワーカーは、相談者本人だけではなく家族や自治体・学校・病院・警察など関係機関と連携して問題の解決にあたります

関係している機関が多く複数の人と様々なことを調整しなければいけないので、コミュニケーション能力が求められる職業といえます。

自治体などで行われているサービスを紹介するなど最新の知識が必要になることも多いので、日々新しいことを学ぶ姿勢も重要になります。

医療機関で働く場合には医師や看護師との橋渡しをしたり、経済的な問題を抱えている場合には自治体などと連携をとったりすることもあります。

未婚のまま高齢になる人も増えており、入院しなければいけないけれど頼れるような身内がいないといったケースも増えています。

また、学校現場などの教育機関でソーシャルワーカーに対するニーズも増加しています。

不登校や発達障害といった問題を抱えていることも多く、保護者の相談に乗ることも仕事になります。

POINT

✔ケアワーカーとは介護を必要としている人に対して介助をする仕事

✔ソーシャルワーカーは相談業務を中心とした仕事

✔いずれも資格は必要ないが、持っていた方がいい

「ケアワーカー=介護福祉士」ではない

画像

病気の人や認知症の人や障害を持った人のサポートやケアを行う仕事には、様々な呼称がついていろいろな呼ばれ方をしています。

ケアワーカー=介護福祉士だと思っている人も少なくないようですが、これは正しいとは言えません

では、どのように違うのでしょうか?

ケアワーカーは、病気や障害や高齢のために何らかの手助けが必要となった人のサポートを行う人たちのことを言います。

サポートが必要な人の生活の質(QOL)が向上するようにと支援やケアを行う職業は全て「ケアワーカー」と、まとめて呼ばれることがあります。

ホームヘルパーもケアワーカーの一人だし、介護福祉士もケアワーカーの一人だと言えます。

施設によっては、これらの仕事をしている人たちのことをケアスタッフと呼んでいるところもあります。

ホームヘルパー等の資格を何も持っていない人を介護補助やケアワーカーやケアスタッフやヘルパーさんなどと呼んで、すべて同じように日々の仕事をこなしている施設もあります。

国家資格を有しているスタッフも、認定資格を有しているスタッフも、無資格のスタッフもみんなケアワーカーと呼ばれることもあるのです。

例えるなら、看護師長さんも看護師さんですし、免許取りたての1年目のナースも看護師さん、そして実習に来ている看護学生も患者さんから見れば学生さんと言うよりは看護師さんでしょう。

キャリアや知識の豊富さや技術の上手下手が違っても、みんな看護師さんです。

これと同じような感じで、病気の人や障害のある人や高齢者や認知症の人をサポートしたりケアしたりする人は、まとめてケアワーカーと呼ばれることが多いです。

ホームヘルパーは、国家資格ではありません。

厚生労働省が定めた事業所で養成研修を受ければ取得できる、認定資格となっています。

また、何も資格を持っていない人でも介護補助やヘルパーさんなどと呼ばれて、ケアワーカーの一人として働いている所もあります。

介護福祉士は、厚生労働省が定めた養成施設や専門学校を卒業するか、国家試験を受けて合格しないと取得できない国家資格です。

ゆくゆくは卒業を国家試験の受験資格とし、全員が国家試験に合格しないと資格を取得できないようにする見通しだと言われています。

ホームヘルパーと比べると、より専門的な知識や技術、より高度な技術を有しています。

介護福祉士と社会福祉士と精神保健福祉士の3つは3福祉士と呼ばれていて、いずれも国家資格です。

国家資格と認定資格では、国家資格の方が上級の資格になります。

社会的な評価も、国家資格の方が断然高いです。

そのため、ケアワーカーがスタッフをまとめるリーダーや管理職に就くことは、まずありません。

現場のリーダーや管理職につけるのは、介護福祉士です。

喀痰の吸引や経管栄養がスムーズにできているかどうかの観察や経管栄養の片付けなどの医療行為は、2014年からは認定資格のホームヘルパーでも、研修を受ければできるようになりました。

しかし無資格のスタッフがこれらの医療的なケアを行うことは、できません。

介護福祉士は、鼻腔内や口腔内の喀痰の吸引や経管栄養中の観察や片づけなどの医療的なケアを行うことができます

医療行為以外の仕事内容に関しては、認定資格のホームヘルパーも無資格者も国家資格の介護福祉士もほとんど変わりません。

ただし、介護福祉士は管理職としての仕事が加わるので、スタッフのシフト調整やシフト表を作成するなどの仕事が加わってきます。

例えるならば、看護師長や看護主任になれるのは介護福祉士です。

言葉は悪いですが、いつまでも下っ端なのがホームヘルパーと考えると、判りやすいでしょう。

日本はまもなく超高齢化社会を迎えます。

それに伴って、何らかのサポートを必要とする人はますます増えていきます。

老人保健施設やデイケア施設などは、あちらこちらで建設されています。

しかし、そのような施設で働くスタッフが不足しています。

医療が進歩して、長生きする高齢者が増えました。

しかしその一方で、いくつもの病気を併せ持っている高齢者も増えています。

そのため病態が複雑化しており、より専門的で豊富な知識やより高度で専門的な介護技術が求められます

今では、無資格者も認定資格のスタッフも国家資格のスタッフも全部ごちゃまぜの状態で様々な施設で働いていました。

しかし、いずれ近いうちに、資格を一本化する必要があると言われています。

既述しているように、より高度で専門的な技術や知識が求められているのです。

無資格や認定資格ではなく、しっかりと勉強したうえで、すべて国家試験を受験するようにして国家資格にするのがベターだという動きになってきています。

したがって今後はホームヘルパーは廃止となり、介護福祉士に一本化される可能性が高いです。

POINT

✔ホームヘルパーも介護福祉士もケアワーカーと呼ばれる

✔介護福祉士は国家資格で、ヘルパーは認定資格である

✔いずれはホームヘルパーは廃止になり、介護福祉士に一本化される

かいご畑は厚生労働大臣認可の介護就職支援センターが運営する求人サイトです。

未経験者・経験者問わず、介護に関わる仕事探し・就職支援・資格取得など幅広いサポートを行っています。

上記のケースワーカーやソーシャルワーカーはもちろんのこと、その他介護・福祉系専門職の求人が多数掲載され、個別でコーディネーターと相談して希望の条件に沿った求人を見つけることができます。

ご利用は全て無料ですので、介護業界でのお仕事を考えているのであれば一度ご利用してみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

----かいご畑の特徴------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎あなたのなりたいを叶える徹底サポート

_

ご登録はこちら→

介護福祉士・ケアワーカー・ソーシャルワーカーのなり方

画像

介護を必要とする高齢者に介護サービスを提供するヘルパーの存在は、多くの方に知られていますが、そのほかにも聞き馴れないケアワーカーやソーシャルワーカーなどさまざまな職種があります。

これから介護業界で活躍を考えている方は、それぞれの役割などを理解しておくことが大切です。

介護福祉士は、ヘルパーとして活躍している方にとっても到達点といえる上位の資格で、ハードルの高い国家試験を受験し合格しなくてはなりません。

受験資格取得には、実務経験や養成施設もしくは福祉系高校を卒業するルートの3つがあり、最もスタンダードな方法が、実務経験ルートです。

実務経験ルートでは、まずは初任者研修を受講し、訪問介護事業所において実務経験を積みながら、次のステップとなる実務者研修を修了し、さらに実務経験3年以上経過すると国家試験受験資格を取得できます。

ヘルパーとして現場で働きながら、資格が取得できるのがメリットで、事業所によっては資格取得のための費用の補助などを行なう資格取得支援制度を設けているので、これを利用すれば取得のための支援が受けられるのもポイントです。

基本的に介護を必要とする高齢者や障害者などの衣服の着脱や入浴、食事などの介助を行なう人のことをケアワーカーと呼び、病気やけがをしている人、高齢者や障害者、そしてその家族のために、日常生活を送るうえでの不安や困りごとなど支援を行なう人のことをソーシャルワーカーと呼ばれています。

ひとことで言うと、介護業務を行なう人と相談業務を行なう人という訳です。

ケアワーカーは、一般的にヘルパーや介護士と呼ばれることが多く、高齢者を対象としている特別養護老人ホームなどの施設で、高齢者の方のためのケアをするのが仕事で、病院で病気の治療などの医療以外をサポートを行なっている看護助手もこれに含まれます。

基本的に、特別な資格や研修がなく、高齢者向けや障害者向けの施設、病院などでケア業務に携わることでなれるのが特徴です。

施設などによっては、有資格者のヘルパーに限定して雇用しているところもあります。

高齢者のためにケアをする仕事とはいえ、介護福祉士は、資格保有者にしかできない業務がある業務独占資格なため、行なえる仕事が異なることを知っておきましょう。

この名称は、従来社会福祉事業に携わる人の総称となっていましたが、現在では国家資格の社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持つ人のことを指すことが多くなっています。

社会福祉施設では生活相談員、児童福祉施設では児童指導員と呼ばれています。

高齢者や障害者などの相談者に対して、適切なアドバイスや指導をすることで、早期社会復帰や施設内でのスムーズな生活などを支援するのが仕事です。

高齢者福祉施設や障害者福祉施設をはじめ、病院や学校、民間企業などとさまざまな場所で活躍しています。

ソーシャルワーカーとして働く場合には、施設によって必要となる資格が異なり、社会福祉士や社会福祉主事任用資格、精神保健福祉士の資格を求められることが多く、一部の福祉施設では有資格者と同様の能力があると認められた場合に限って働いているようです。

社会福祉士は、福祉系の4年制の大学で指定の課程を修了者や福祉系の短大で課程を修了し、1年から2年の実務経験者のほか、4年制の一般大学を卒業し養成スクールで1年以上学んだ方などが、受験資格があります。

社会福祉主事任用資格は、4年制大学などにおいて所定の科目3科目以上を修了することのほか、都道府県等が開催する研修などを受けたりすることで取得することが可能です。

精神保健福祉士については、福祉系の4年制大学で指定科目を修了もしくは一般の大学等を卒業した後で、一般養成スクールに1年以上通学したり、社会福祉士の有資格者が短期養成施設に半年以上通学することなどで、国家資格の受験資格を得ることができます。

いずれも受験に向けた学習のうえ、合格することでさまざまな分野で活躍ができるというわけです。

介護福祉士の資格の難易度や内容について詳しく知りたい方は介護福祉士ってどんな資格なの?取得方法や難易度、メリットを解説!をご覧ください。

POINT

✔ケアワーカーは、福祉施設や病院などで介護業務を行なう人の総称

✔さらに介護福祉士とは国家資格を持っているケアワーカーのこと

✔ソーシャルワーカーは福祉施設や病院などで相談業務を行なう人の総称

かいご畑ではキャリアアップ支援のため、働きながら介護資格を目指す人たちを応援するキャリアアップ応援制度が整っています。

未経験者からの資格取得や、経験者の上級資格取得まで専任のコーディネーターが個別で徹底サポートし、お金をかけることなく、働きながら資格取得を目指すことができます。

また、上記のケースワーカーやソーシャルワーカーの他にも、その他介護・福祉系専門職の求人が多数掲載され、あなたの希望に沿った求人を見つけることができます。

ご利用は全て無料ですので、介護業界でのお仕事を考えているのであれば一度ご利用してみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

----かいご畑の特徴------
✔︎0円で介護資格を取得できる!
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎あなたのキャリアプランを徹底サポート

_

ご登録はこちら→

ケースワーカーとケアマネジャーとは?

画像

ケースワーカーは医療機関や在宅介護支援センターー等でその必要とする人への全般的な援助を行います。

この中には役所への各種相談事や医療費負担の軽減なども含まれており、場合によっては生活保護への受給につなげていく対応をする場合もあります。

一方、ケアマネジャーは要介護者などの介護に関することだけ行います。

この違いが最も大きい違いとなっています。

ケースワーカーは一般的には社会福祉士という国家資格を持つ人が対応に当たります

また役所でも福祉関係特に生活保護の窓口などでもこのケースワーカーとして働く人がいます。

ただ単なる事務員が対応に当たることもあれば、国家資格である社会福祉士資格を持ってより専門的に援助に当たる人もいるなど様々です。

ケアマネジャーは正確には介護支援専門員と呼ばれ、その名称の通り介護に関する支援を行うことがメインです。

ただし介護が必要な人について生活保護などの福祉につなげるような活動を行う人もいます。

この場合は社会福祉士との連携であったりあるいは行政との関わりが生まれ、利用者にとってより広い意味で対応をしてもらえる可能性が高まります。

社会福祉士を求める職場が年々増えています。

役所でも生活保護の担当窓口や介護保険の窓口などにもこうした国家資格保持者を配置する傾向が強いです。

生活保護の窓口ではこうした専門に学んでいる人でなければ適性に審査が出来ないという問題も全国各地で頻発しているため、採用に積極的になっている地域があるわけです。

医療機関でもその窓口での医療費負担に耐えかねている人が少なくありません。

お金がなく医療機関への通院をあきらめてしまい、その結果重大な疾患となって救急搬送され命に関わることも出てきました。

医療機関では治療からその医療費の支払いまでをしっかりと行ってもらいたいわけですが、その医療費の支払いが出来ないでいる人を見捨てることも出来ずにいます。

そのためその利用者が取り得る制度の紹介などを行ったりするようになっています。

医療費の支払いが厳しいために通院をあきらめてしまい、命が脅かされてしまう事が無いようにすることが大事です。

患者や利用者は一般的に福祉の知識をそれほどしっかりと持っている訳ではありません。

したがってとりうる選択肢に限りがあります。

その選択肢を広げるとともに最善の道を探ってくことで、健康で文化的な生活をおくれるようにしていくことも求められています。

介護保険制度の要といわれているケアマネジャーですが、施設にしても在宅にしてもメインの仕事はケアプランの作成とその検証です。

ケアプラン作成に必要な知識と技術を学んで試験に臨み、合格しているわけですから対応が出来ることは当たり前のことです。

しかしながら実務面においては利用者やその家族は色々な問題を抱えています。

介護の知識を元にしてこうした問題解決のために尽力していくことが求められています。

ケアプランの作成前には」利用者の要介護認定申請の代行も行ったりします。

また要介護度決定以降のケアプラン作成に向けて必要な対応もとります。

主治医に意見を求めたりあるいは必要なサービスや家族構成と取り得る介護以外のサービスについても考慮していくわけです。

要介護度に応じて利用出来る単位数が決まっていますので、これを超えてしまった場合には、超えた部分は全額が利用者の自己負担になってしまいます。

超えても構わないという人もいるでしょうが、負担は大きなものとなりますので一般的ではありません。

主治医からも病状に関する情報を求めていくことで、病気などに合わせたサービス利用を考えていくことになります。

たとえば利用者が足腰が弱く、なかなか外出が出来ないような場合などもあり得ます。

医療機関への通院でも不安があったりすることも少なくありません。

その不安軽減のためにヘルパーの利用を考えてみたりあるいは介護タクシーの利用を考えてみることなども必要です。

通院が困難であれば医師から訪問診療や往診に来てもらうことが出来ないかどうか、さらには訪問看護サービスの利用がどうかなども考慮していく必要があります。

訪問介護について詳しく知りたい方は【最新版】訪問介護とは?サービスの種類、費用、特徴を徹底解説!をご覧ください

POINT

✔ケースワーカーとは社会福祉士資格を持つ人が全般的な援助を行うこと

✔ケアマネージャーは介護に関する仕事メインで仕事が増大している

まとめ

いかがでしたか?今回はケアワーカーとソーシャルワーカーの違いと仕事内容についてでした。

もう一度まとめるとケアワーカーは介助中心で、ソーシャルワーカーは相談中心の仕事になります。

また、ケースワーカーとケアマネージャーとの違いは、ケースワーカーは援助全般の仕事でケアマネージャーは介護に関する仕事がメインになります。

いろいろと聞きなれない単語が多く出てきたと思いますが、それぞれ比較してみてどれが自分に合っている仕事内容なのか考えてみてください!

かいご畑の画像

かいご畑

----かいご畑の特徴------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

まずは無料で相談してみる→