ホーム >> 介護コラム >> 仕事 >> 派遣の介護職について紹介!人間関係や時給についても徹底解説!
更新日 2020.5.23

派遣の介護職について紹介!人間関係や時給についても徹底解説!

カテゴリ

今回は介護業界に多い派遣社員について記事にしました。

派遣として働くことに関してのメリットやデメリットを中心にまとめましたので、今派遣として働こうか迷っている方はぜひ本記事を参考にしてみてください!

労働条件を派遣会社が交渉してくれる

画像

介護の仕事をしたいと思っても、自分が思っているような条件で働けなければ、生活との両立で無理をする事もあります。

子どもや家族との時間を大事にしたいのに、長時間働かなければならないとか、自分の希望をする日に休むことが出来ないのであれば、どこかで無理をすることになり、何かを我慢しなくてはなりません。

自分だけが我慢すればいいのであればいいですが、家族や周囲を巻き込むことになる場合は、家族からの反対を受ける事になります。

しかし派遣であれば、介護の仕事を希望通りの条件ですることが出来るでしょう。

自分が考えている条件で介護の仕事を見つけられなければ、妥協をするか我慢をするかになりますが、派遣であればその必要はありません。

妥協や我慢をしなくても、希望条件で派遣会社が交渉をしてくれるようになりますので、自分では上手く交渉できないと思っていても話が通る事もあります。

派遣会社は労働者と施設の橋渡しの役割をしてくれるので、しっかり希望を伝えて交渉をしてもらうといいでしょう。

自分で交渉をした場合は、上手く話しが通らない事もありますし、無理を言えば採用後も働きにくいと感じてもいけませんので、どこか遠慮をしてしまう部分もあるはずです。

無理を言い過ぎれば採用をされないかもしれないと思えば、最低限の希望しか交渉できないかもしれません。

そうなると、施設側からの申し出通りに働く事になってもいけませんので、自分で交渉をして働くのではなく、派遣会社に交渉をしてもらった方が、円滑に事が進んでいきます

交渉役をしてくれる派遣会社には、自分の希望をしっかり伝えるようにしておかなくてはなりません。

自分の希望している事を伝えたつもりでも、しっかりと伝わっていなければ希望通りに交渉をしてもらう事が出来なくなります。

それではせっかく交渉をしてもらっても意味がありませんので、自分の希望をしっかり伝え、間違った条件で伝わらないように気をつける事です。

自分の希望を勘違いされない為には、曖昧な言い方で伝えないようにしなくてはなりません。

例えば、週に最高で4日働けるという風に伝えた場合、本当は2日程度がいいと思っているのに、4日で交渉をされてしまう事もあります。

本当は週に2日がいいのだけど、どうしてもという事であれば4日でも大丈夫ですといった風に、わかりやすくはっきり伝えれば、勘違いをされずに伝わります。

曖昧な言い方をしたために、自分の希望とはかけ離れた条件で伝わる可能性があるので、しっかりわかりやすく伝えるようにしましょう。

派遣会社が交渉をしてくれるとはいっても、あまりにも無謀な条件では難しいと考えておかなくてはなりません。

希望を伝えれば、すべての希望が通るというわけではなく、出来るだけ近づけてくれるといった風に思っておくようにしなければ、いつまでたっても働く場所が決まらなくなります。

条件が当てはまらないからといって、いつまでも断り続けていると、仕事が見つからないまま何カ月も過ぎる事になりかねません。

ある程度まで希望が通ったのであれば、それ以上は望まないようにして、少しは妥協をする事も大事です。

介護の仕事が初めてだからゆっくり仕事に慣れていきたいと思っていた場合でも、あまりにも無謀な条件は伝えないようにしなくてはなりません。

週に一日2時間だけといった風な条件ではまず難しいと考えておいたほうがいいでしょう。

いくら介護業界が人手が足りずに困っているとはいっても、さすがにそれだけしか働けないという事であれば、交渉をすることさえしてもらえないかもしれません。

自分が思っている条件で働きたいとはいっても、ある程度の時間働くようにしなければ仕事も覚える事が出来ませんし、すぐに忘れてしまいます

出来るだけ時給が高い方が、短時間で多く稼げるようになるので、希望金額は多めで伝えてしまいがちです。

しかしいくらその高時給で雇ってもらう事が出来たとしても、その後の働きが悪ければ自分が困る事になります。

あまりにも仕事ができなければ、自分が恥ずかしい思いをすることになりますし、肩身が狭い気持ちになってしまうでしょう。

そうなると、自分で自分の首を絞める形になりますので、自分がこなせる仕事に見合った時給で働くようにしたほうが、気軽に働く事が出来ます

時給や待遇がいい条件で働けるようになれば、家族にも迷惑をかける事もありませんし、体にも負担がありません

交渉をスムーズに行ってもらう為にも、無理な条件を出し過ぎないようにし、身の丈に合った条件を希望するようにしましょう。

POINT

✔自分で交渉しづらい場合も派遣会社が代わりに交渉をしてくれる

✔派遣会社にはきちんと正確に条件を伝えておく

✔時給や条件などは身の丈に合ったものにする

自分に合った職場を働きながら探せる

画像

介護の現場でも働き方の選択肢があります。

正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートなど、勤務可能な日数や時間、給料、目的によって自分に合った働き方をすることが可能です。

中でも派遣社員は、期間満了になると更新や終了という形をとるため、入社退社の繰り返しとは違い経歴に不審な点が残りません。

どのような職場が自分に合っているのか、いろいろな現場を体験してから決めたい場合、派遣なら働きながら探すことができます

情報だけではどのような職場かわかりにくいものですが、派遣会社の担当者と相談しながら希望に近い職場を探すと良いでしょう。

派遣ではいろいろな現場を経験できるため、さまざまな技術や知識を学ぶことが可能です。

訪問介護系・入所型の施設など多くの現場を経験していると、応用力や適応力がつきスキルアップや時給アップにもつながります。

実際いろいろな現場で働いてみると、大変さの違いがわかり、ひとつの現場だけで長く務めている人に比べ、能力が高いという評価をされます

現場経験を重ねるとともに、自分に合った職場を見つけるために必要な資格を取得して、ステップアップしていくのも良いでしょう。

派遣ならではの働き方を利用して、自分に合った職場を探しましょう。

多くの現場で働くことは、さまざまな利用者や職員と関わることにもなります。

症状の異なる利用者に多く接していると、対応の仕方や介護技術もそれだけ身に付きます。

効率を考え時間を上手に使えるようにもなり、手本となる職員にも出会うことができます。

それぞれの現場で、必要な知識や技術を身に付けてスキルアップできることが、派遣で働く最大のメリットとも言えるでしょう。

たくさんの利用者と接し、どのような現場でも働けるほどの技能と知識を習得し、目標に向かってまい進すればよいのです。

ひとつひとつの現場を、貴重な経験と考えて働くことが自分の人生をも豊かにしてくれます。

どの会社に登録しようか迷うことにもなりますが、求人の件数を優先する人、担当者が親身になって相談に乗ってくれることを優先する人などいろいろです。

介護の現場で人間関係に悩んでいる人は少なくありませんが、そんな時に相談できる担当者がいることは心強いものです。

次の仕事を探すことや、時々大丈夫かどうかの連絡をしてくれる、愚痴や悩みを聞いてもらうだけでも折れかかった心がリセットできます。

また未経験で資格がない人には、初任者研修などの取得を応援してくれる会社が良いでしょう。

介護の現場で働いていきたいと考えているなら、基本の資格は必要です。

派遣会社も自分に合ったところを探しましょう。

保有資格や経験の有無など、また自分の希望する職場を伝えて探してもらいましょう。

未経験者にとっては未知の世界であるため、不安や心配も多いものですが、派遣会社の担当者は、ほとんどが親身になって相談に乗ってくれますので、その人の条件に合った職場を紹介してもらうことができ、経験者であれば希望に合った職場も探しやすいでしょう。

最低勤務日数や勤務時間を基本に無理のない条件でスタートすることが、長く仕事を続ける秘訣です。

多くの現場を経験するためには、ルールと時間をきちんと守り、次の職場の紹介につなげてもらうことです。

派遣は時給が高いからということで、登録する人は少なくありません。

たくさん稼ぎたいということが目標の人もいれば、多くの現場を経験することを目標にしている人もいます。

いずれにしてもスキルアップにつながることに違いはありません。

稼ぎたい人なら夜勤専門や、夜勤を多めに入れることで稼ぐことができます。

目指す資格を取りたいなら、経験に加えてさらに多くの知識や技能を身に付けることもできます。

派遣会社は、登録しておけば自分で一から探す必要がなく、自分に合ったところを紹介してもらえるので、スキルアップのための職場探しが時間をかけずにできるところが魅力です。

POINT

派遣で働くことのメリットとしては

✔社員やパートに比べ時給が高く、深夜だとさらにアップする

✔いろいろな現場に行くことでスキルアップにつながる

✔派遣会社の担当者に相談できる

介護職の派遣で働くことのメリット

介護職としての技術や知識を得るための最善の方法は、多くの現場を実際に働くことです。

派遣としての働き方では、ずっと同じ会社・同じ現場にとどまるのではなく、一定の期間で新しい仕事を見つけて次のステップへ進むことができるため、より多くの環境に身を置くことができるようになります。

また、数年後に働けなくなる事情があったり、今だけ働きたいといった限定的なニーズを満たすことができることも派遣で働くメリットと言えます。

介護職の派遣が人気である大きな理由の1つとして時給が高いことが挙げられます。

日勤・夜勤どちらにしても、正社員やパート・アルバイトに比べ高時給となっています。

とくに夜勤は2万円以上になる施設が多いため、稼ぐことが目的なら厳しさ覚悟でそれも良いかもしれません。

また長く続けたくない職場だとしても期間満了になれば、他の施設を探すことができます。

最低でも3ヶ月は続けることが基本ですが、最長でも3年までの勤務となるので、その後はまた新たに職場を探すことになります。

ずっと働きたい職場であれば、派遣先の合意のもとに紹介予定派遣という雇用形態を考えることもできます。

勤務期間や高時給以外にも派遣の介護職として働くメリットは多くあります。

先に書きましたが、派遣では希望に合った介護施設を派遣会社が探してくれるため、自分で仕事を探す必要がありません。なので仕事を探すといったことに時間を割く必要がなくなるのは、現在働いている方にとっては大きなメリットとなるでしょう。

また、派遣会社を通して働き始めた場合、職場でのトラブルや悩みを派遣会社に相談することで強い味方になってくれます

問題が起こらない事が一番ですが、どの職場でも問題は起こってしまうものなので、一緒に解決方法を探してくれたり、大事になる前に問題を解決してくれるなど、あなたの負担を減らす手助けをしてくれます。

ここに挙げた以外でも個別の相談で求職者個々の悩みやニーズを考慮してくれる派遣会社も多くあるので、自分にとってメリットの大きい働き方ができるように前もって自分の情報・希望を整理しておきましょう。

これから紹介するかいご畑では、地域や勤務時間・給与など、あなたの希望に沿った求人を多数紹介しています。

普段の本業があるのであれば、時短勤務や週2~3日など、無理のない働き方のできる職場が必要です。

また、かいご畑ではキャリアアップ支援や個別の相談なども受け付けているので、興味のある方は一度ご利用してみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎日本全国の求人を掲載!
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネーターによる徹底サポート

_

無料で相談する→

デメリットはやはり待遇の違い?

画像

派遣で介護施設で働く際にデメリットとなるのは職場における待遇の違いです。

派遣の働き方は雇用主から介護施設に派遣され働くことになるため、基本的な職場での待遇は雇用元の会社が交渉してくれることになりますが、実際の職場内での細かい待遇についてでは現場に任されることが多く、正社員や職場採用の従業員に比べて業務の範囲が狭くなってしまうことも少なくありません。

そのため派遣で介護の業務を行う際には、その責任範疇と待遇の違いを十分に認識した上で勤務することが重要となります。

これを意識せずに他の職員と同様の意識で作業をしてしまうとトラブルの原因となることもあるので注意をしたいものです。

介護の業務に関する責任範疇がその施設の従業員とは大きく異なることに十分な注意をしなければなりません。

一般的に介護サービスはそのサービスを受ける利用者と1対1の関係で仕事をすることが多く、相手の希望によってサービスの内容を適宜変えなければいけないことも多くなっているため、多くの正社員や施設に直接雇用されている従業員の場合には自分の知識と認められる範疇でサービスの内容を変更することも少なくありませんが、派遣の場合には基本的にこのような行為は認められていないことが多いので注意が必要です。

万が一利用者からの要求によりサービスの内容の変更を求められた場合には、これについて職場の上司に報告しその判断を仰いだ上で行うことが求められ、業務における責任範疇が大きく異なる点に注意をして仕事をすることが重要となるのです。

派遣社員が介護サービスを行う場合にはその業務の成果を逐一職場の上司に行わなければなりません。

その勤務に関する契約は派遣先の介護施設と派遣会社とのあいだで行われているため、派遣先の企業が期待する仕事が行われなかった場合には会社対会社の問題となってしまうのです。

そのため正確に依頼された業務を履行していることを逐一勤務先の上司に直接報告し、その後の作業の指示を仰ぐことが常に求められています。

介護の仕事は利用者の状況によって自ら判断をし様々な業務を行わなければならないことが多いのですが、派遣社員の場合にはこのような判断をする事は基本的に認められていないことが少なくありません。

派遣社員は自らの判断で業務を行ってしまった場合には契約上の様々な問題が発生する可能性があり、また場合によっては派遣会社に大きな損失を与えてしまうことになるのです。

そのため、仕事の内容や進め方については事前に十分に勤務先の上司に確認しその指示を的確に仰いでから業務を行うことが重要です。

派遣者医院は正社員や従業員と異なり社外の人間として扱われることになるため、介護施設の中でも立ち入りが制限されたり業務上参加することができないミーティングなども多くなっています。

そのため正確な仕事の指示が伝わらないこともあり、問題となってしまうことが少なくありません。

しかし基本的に仕事の指示がない限りは自分の判断で勝手に仕事をすることを許されないため、この点を十分に理解して業務を行うことが求められます。

待遇の違いの中で最も大きいのは、同じ仕事をしても従業員とはその給料の金額が異なることです。

基本的に派遣社員の給料は保険会社が支払うことになり、勤務先の社員とはその水準が異なります。

その水準は社員に比べて低く設定されていることが多いため、同じ仕事をしているのに給料が安いと感じることが多いのですが、その待遇は派遣会社との間での取り決めであるため、十分に理解した上で仕事を行うことが必要です。

一般的に給料の金額は社員に比べて低く設定されていることが少なくありません

実際に正社員の方が様々なマージンを差し引かれることが少なく、業務の責任も大きいために待遇が良くなっている実態があるため、給料が高い分責任も大きいと言うことを十分に理解しておくことが必要です。

待遇の面については大きな差がありますが、その分責任についても大きな違いがあると言うことを十分に理解しておくことが必要となります。

正社員との違いは給与面だけではありません。

介護施設の中には社員向けの福利厚生施設や様々な社員の優遇制度が設けてある場合もあります。

これについては基本的に利用できない場合が多いほか、利用することができる場合であってもその利用料金がことになってしまうことも少なくありません。

施設の中に社員食堂が設けてある場合、その一つ一つの料金が社員の場合とそうでない場合とで異なるところも多く、寺の細かい福利厚生の面で待遇の違いを感じることが多いのです。

POINT

✔行動する前に逐一上司に確認をしてから業務にあたること

✔責任範疇が狭く、仕事の幅が狭まる

✔給与や福利厚生面では社員よりも良くはない

任期満了で仕事がなくなる可能性もある

画像

派遣で介護職を行う場合は直接施設などに採用された職員と異なり、待遇や職場内での対応が非常に難しい側面があります。

基本的に職場において派遣が期待されている事は与えられた期間において充分に職場の要求に応えることであり、基本的に契約期間が満了したら新たに契約を結ばない限りは職場を離れなければならないと言う前提になっているのです。

雇用契約は派遣会社と結んでいることから職場とは継続して勤務する権利も義務もないため、契約期間満了により仕事を失う可能性もある点に注意が必要です。

一般的に介護の仕事を行う場合には職場にある介護施設等と雇用契約を結び、その契約期間を定めずに働くことが少なくありません。

現代は特に介護に携わる人材が枯渇している実態もあることから多くの施設では長く働いてもらいたいと様々な施策を享受することが多いのです。

職場環境の様々な問題もこの待遇から生まれることが多いのですが、基本的には長く勤めることが前提となっているのに対し、派遣の場合には契約期間を一区切りとしてその期間を満了したら職場を去ると言うことが前提となっています。

施設が派遣に期待するのは期間内しっかりと働くことであり、長く勤めてもらいたいと言う意思はこの時点では働かないのが一般的です。

職場の待遇が異なる要因として契約先と勤務先が異なると言う点があります。

派遣社員は派遣会社と契約を結び、派遣会社の指示により指定された職場において仕事をすることが義務となっています。

これにより一定期間その職場で働く事は契約先の会社からの業務命令となっているため、勤務先におけるトラブルは勤務先に責任がある場合でない限り派遣社員がその責任を負わなければならないと言うことになっているのです。

直接施設などで雇用されている職員とは契約形態が異なるため、職場での立ち位置も大きく異なることになります。

施設で直接雇用されている職員の場合には長期的な視点の中でキャリアプランや近くの取得などが施設に及ぼすメリットがあるため、これらのサポートを受けることができる面があります。

しかし派遣の場合にはあくまでも人材が枯渇している際の緊急措置として雇用されることも多く、期間が満了した時点で契約を解除されることが多いのです。

またスキルアップについても施設自身の利益につながらないため対応をしないことがほとんどとなっています。

介護業界においては慢性的な人材不足に悩まされており、その不足を補う形で派遣社員を雇用することが少なくありません。

そのため一時的な人材であると言う認識があり、施設の経営状態や人材の確保の状況によっては期間が満了した時点で契約延長がされないことも多いのです。

逆に継続して働く場合には契約満了の時点で再度契約を延長する手続きを行わなければならないため、この場合でもその仕事ぶりによっては他の人材を要求されることも少なくありません。

派遣社員が任期満了を迎えた場合であっても、派遣会社との雇用契約は継続する形となるので、その後の対応についてはこの会社で考慮することになります。

新たな勤務先に勤務を命ぜられる場合もあれば、そのまま仕事を失ってしまうということもあるため、注意をすることが必要です。

一般的に勤務先に勤務をしない場合には給料は支払われないため、収入を失うことになるので注意が必要となります。

異なる職場に行って仕事を行う場合には、これまで勤務していた職場とは仕事の進め方や雰囲気も全く異なる場合がほとんどであり、これまでの経験を生かすことができない場合もあるので注意が必要です。

一般的には介護施設の側で必要なスキルやこれまでの経験を指定して人材の選定を行うため、そのスキルで対応できる場合がほとんどですが、業務の進め方についてはこれまでの経験を生かすことができない場合も多いので、心の準備をして対応することが求められます。

新たな職場への勤務を命ぜられた場合には自分の能力やスキルと職場での業務内容を担当者を通じて確認することが必要です。

職場での成績が期待されたレベルに達しないと、任期満了の際に新たに契約を行うことができないばかりでなく、他の職場への勤務もできない場合が多いためです。

介護の仕事は本人の能力とスキルが非常に重要な業務となるため多くの職場ではそのスキルが高く経験が豊富な人材を求める傾向があり、勤務先での勤務態度や成績も評価の対象となるほか実績となるため自分が働く上で有利な条件となるように慎重に選ぶことが必要となります。

POINT

✔一時的な人材補充なので契約満了後、仕事がなくなる可能性もある

✔違う施設での勤務になった場合、これまでのやり方と違う可能性がある

✔自分のスキルと職場での業務内容を確認しておく必要がある

まとめ

今回は介護業界でも多い派遣社員についての記事でした。

記事のようにデメリットもありながら、スキルアップや高時給、人間関係に悩むことが少ないなど多くのメリットもあります。

他の生活事情もあり比較的自由に働きたい方や、いろいろな職場を経験してスキルアップを目指したい方、また時給が少しでも高い方がいいと感じている方は、派遣社員があっているかも知れませんね。

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→