ホーム >> 介護コラム >> 仕事 >> 介護職は無資格でもできるの?給料や仕事内容について解説
更新日 2020.5.23

介護職は無資格でもできるの?給料や仕事内容について解説

今回は介護職の求人に関してです。

無資格で未経験で採用されるか不安という方や今から介護職として働きたいと思っている方必見です!

また、優良事業者の見極め方や雇用形態についてのコツも書いてあるのでぜひご覧ください!

未経験でもハードルが低め?介護職の求人

画像

介護の仕事を始めるメリットの1つが、未経験の方でもチャレンジしやすいという点です。

初めての業界に飛び込むというのは、どのような職種でも勇気がいることです。

だからこそ初めての方におけるハードルの高さというのはチェックするべきポイントの1つです。

ハードルの低さを活かして早く仕事になれて、経験を積んでステップアップしていけるようにしましょう。

介護職がほかの仕事と比較してハードルが低い理由には、どのような点があげられるのでしょうか。

その理由の1つに、国家資格が必要ないという点があげられます。

例えば看護師や保育士の場合、未経験から始めたいと思ったら国家資格の取得から始めなければなりません。

仕事を始めたいと思ってから学校へ通うとしたら、就職するまでに2年以上かかってしまいます。

一方で国家資格が必要ない介護職なら、働きたいと思ったらすぐに就職して働くことも可能です。

介護職には、未経験の無資格から始めることならではのメリットも存在しています。

そのメリットというのが、キャリアアップしていく楽しみがあるという点です。

無資格で新しく始めるということには、何らかの不安を抱えている方もいるでしょう。

ですが初めての業種だからこそ、これからの未来に向けてステップアップしていけるということも忘れないようにしましょう。

0から知識や技術を高めていけば、待遇をよくすることにもつながります。

また働き始めてから資格を取得するなどの目標を立ててキャリアアップを目指すのも1つの手です。

もちろん、資格があったほうが転職や就職で有利であることは間違いありません。

ですが、資格を取るために学校に通ったりすることは選択肢としてはありだと思いますが、実際に働いてみないことには介護業界が自分に合っているのかどうかは分かりません。もしすぐに辞めてしまったりしたら、その学校に通っていた時間もお金も無駄になってしまいます。

無資格でも実際に働き始めてしまえば、介護業界が自分に合っているのかそうではないのか、これからも長く続けていきたいと思えるかといったキャリアプランをより正確に考えることができるでしょう。

また、介護系資格の上級資格である介護福祉士の取得条件には3年間の実務経験が必要ですが、早い段階でこの条件を満たすことができることも大きいメリットと言えるでしょう。

求人はこちら

介護職の特長の1つが、将来性の高い仕事だという点です。

日本では高齢化社会が進んでいるため、介護施設の利用者も増えてきています。

施設の利用者が増えているということは、有資格者も無資格者も働くスタッフが多く必要だということです。

今後の将来においても、施設の数が急激に減る可能性はほとんどありません。

そのような環境だからこそ、長く続けられる仕事として未経験から始めてみるのも1つの手です。

介護施設が多くあるということは、スタッフの求人も多いということです。

そのため数多くの求人の中から、自分が働きたい職場を選択することが可能です。

給料や労働環境など、働くうえでは考慮するべきポイントがいくつも存在しています。

ですが求人の数が少ないと、条件を比較して職場を選びにくくなります。

一方で求人が多い場合であれば、さまざまな視点から比較して自分に合った職場を選択できます。

安心して働けるような職場を選ぶためにも、自分が働くうえでどのような点を重視したいのか考えて求人を探すようにしましょう。

介護職の需要が高いとしても、給料面が安定しているか不安という理由から新規で働くのをためらっているという方もいるでしょう。

そのような場合には、国の制度に注目してみるのも1つの手です。

実は介護の現場では、人手不足や賃金が低いことを心配して国の補助金制度が存在しています。

そのような補助制度が存在していることで、給料が安定してもらえるようになっているのです。

また働く職場によって、同じ仕事内容でも給料に差が出ます。

少しでも良い条件で働きたければ、給料相場を調べたうえで職場を選ぶことも必要です。

未経験で介護の仕事を始めるのであれば、働くことのメリットを把握しておきましょう。

当たり前のことですが、介護施設で働くと高齢者と毎日のように向き合う機会が得られます。

高齢者と毎日向き合うことで、人生の先輩から生きていくために役立つ話を得られるかもしれません。

同世代と話しているだけでは得られない知識を通して、生活に役立てていくことも可能です。

人と話すのが好きな方は、積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

介護と聞くと、嫌なイメージを持っている方もいるかもしれません。

ですが高齢者のお世話をすることによって、人から感謝されるというのも介護の職場で働くメリットの1つです。

未経験の場合、自分が仕事を続けられるのか不安に思う方もいるでしょう。

そのような場合には、高齢者に感謝されるというメリットを把握して自分に合った仕事なのか考えていくことも大切です。

頑張った分だけ感謝されやすいというのも、この職業の特長になっています。

世話をした高齢者だけではなく、その方の家族から感謝されるケースも多く見られます。

介護職でスキルアップしていくことで、将来的な自分の生活に役立つかもしれません。

自分の親も年を取れば、日常生活の補助が必要になる可能性もあります。

そのようなときに施設などで働いた経験があれば、実務で得たスキルを親の生活補助に役立てることが可能です。

仕事だけではなく日常生活に密着した役立つスキルある可能性もあるのです。

POINT

介護業界で働くメリットは

✔未経験のハードルが低く、将来性のある仕事

✔需要が高く求人も多いため、職場を選ぶことができる

✔人に感謝される仕事であり、親の介護にも役に立つ

求人はこちら

資格取得者には未経験でも報酬アップが期待できる

画像

介護の世界で働いている人には色々な資格を持つ人がいるということがあまり知られていません。

医師であれば医師免許があったり、看護師であれば看護師免許があるように、特定の仕事に就く場合には必要となる資格がある場合があります。

しかし、介護の世界ではひとつの資格だけでなくいくつかの介護関連の資格を持って働いている人がおり、持っている資格は人によって様々です。

この仕事をするために、絶対になくてはいけない資格というのはありません。

一部管理業務を行う場合などには必要になることがありますが、現場の仕事であれば、決まって資格が必要になることはないでしょう。

そのため、全く別の企業に勤めていた人が転職をして、この世界に入ってくるということも珍しくありません。

そういった場合には、先に資格をとってから転職をする人もいますし、最初は資格を何も持たずに就職をする人も大勢います。

そして働きながら勉強をして、資格をとったり、そのまま助手として働き続けるなど、いくつかのパターンがあります。

このように介護の世界では未経験で、しかも資格もなく全く知識がない状態で就職できる施設があります。

そういった場合には最初は資格のない助手という立場で働くという条件で就職します。

そのため、資格を持って就職をした場合に比べると給与が低いという傾向がありますが、それでも就職をすることが可能です。

これはこの業界が新しくできたばかりだからという背景があります。

介護保険は医療保険よりもずいぶんと新しく2000年にできた政策です。

そのため、まだ手探りで進めているというところもあり、十分な人手を確保できていません。

新しい制度というだけでなく、社会全体が高齢化しているという理由で介護が必要な人の数は増え続けています。

そういった面からも人手不足が叫ばれており、まずは仕事に就いてもらってから勉強をするというスタイルで学んでいきます。

介護の仕事をする時に必要となる資格は、介護職員初任者研修と実務者研修、介護福祉士などとなります。

この中で最も簡単に取得できるのが初任者研修で、未経験で資格がなく就職をした場合には、まずこの資格をとることを目標にします。

これらの資格があると就職をする時に有利になるというだけでなく、必要な知識を身につけることができるので、仕事内容に生かすことができます。

もちろん給与面での待遇もアップするでしょう。

資格があるということで助手の扱いではなくなるので、仕事中に1人でできる仕事も増えますし、責任のある仕事を任されることも増えてきます。

こういった資格は働きながらとる方法だけでなく、専門の学校に通って勉強をして取得する人もいます。

他にも福祉系の高校に通ってから資格を取得するという人もいます。

資格の取得方法は色々な方法がありますが、すでに社会経験のあるような人の場合には、働きながらひとつずつランクアップしていくというタイプが多いようです。

就職をする時には、資格がなく未経験でも働くことはできますが、良い条件で職場を選びたいと思った時には、資格があるほうが断然有利です。

資格があるということは、すでに基礎的な知識が身についているととらえられるので、就職をしてすぐ実践力になるということで給与も高めに設定されています。

それだけでなく、介護福祉士は国家資格のひとつで、貴重な資格のひとつです。

介護福祉士を持っていると現場での仕事だけでなく、他の仕事も資格を使って行うことができるということで、就職をする時に困ることはないというほど求人が多くあります。

そのため、経験のあるなしに関わらず、資格取得者は就職に有利な条件になります。

色々な施設が選べるということは、自分の希望通りの仕事の仕方ができる可能性が高いということになります。

未経験であっても就職をして実際に働いてみれば、ほとんどの業務は無理なく覚えられるでしょう。

それは未経験とはいえ、資格をとる時に介護の勉強をしていることで基礎ができているからです。

働きながら資格をとる場合には時間的にも仕事をしながらという制約があり、十分に勉強をすることが難しいという人もいます。

しかし、実際の業務を経験する前に勉強をしている人は一時期を勉強のためだけに使うことができています。

その時に蓄えた知識を使って仕事をすれば、仕事の覚え方も早く、仕事全体を見る力もついてくるでしょう。

そういった業務の仕方をしているということで、現場の仕事だけでなく管理をする側の仕事についても学ぶ機会が出てきます。

将来的に現場だけでなく管理や経営に関わる業務ができる人が多いので未経験でも資格取得者は高い報酬額で雇ってもらえます

POINT

✔資格がなく未経験でも就職できる

✔資格があれば即戦力として働くことができ、高い報酬額で雇ってもらえる

介護業界では、高度高齢化社会の時代的な背景もあって無資格未経験からでも問題なく就職・転職することが可能です

しかし、やはり給料アップや自分の仕事の範囲・可能性を広げたいといったこれからのキャリアを考えるうえで資格は持っているに越したことはありません。

かいご畑は、介護業界の慢性的な人手不足を解消するために厚生労働省から認可を受け、介護関連の就職・キャリアアップ支援サービスを行っています。

数多くの求人から専任のコーディネーターが個別に相談することにより最も希望にあった求人を探してきてくれます。

また、働きながらでも受講できる資格取得講座などのキャリアアップ応援制度も確立されており、これからの資格取得を考えている方にとっては強い味方になってくれるはずです。

ご利用はすべて無料ですので、介護業界に興味のある方は是非一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→

優良事業者を選ぶコツを伝授

画像

今、全国的に介護職のなり手が少なく、求人募集している企業がとても多くあります。

未経験者であっても介護の仕事に携わることができ、更に仕事に従事しながら資格を取得してスキルアップや給与アップにつなげるという人も多くいます。

介護の仕事にも様々なタイプの仕事があります。

老人ホームなどのステイを基本とした施設は24時間交代制となることがほとんどです。

デイケアは朝自宅にお迎えに行き、夕方には送迎する為夜勤などはないケースとなります。

訪問介護も日中に自宅に伺って、お風呂などのお世話をすると言った内容なので残業などはあまりありません。

仕事内容が多くなればなるほど、当然お給料も良いですが仕事もハードになることがあります。

介護職の給与がとても安いというイメージを持っている人も多いのは、サービス残業などが横行している企業もあるためです。

未経験者が介護職の優良事業者を選ぶにはコツがあります

求人募集記事を見て、書かれている収入の額だけで決めるのはとても危険です。

求人募集記事に大きく収入〇〇万円可能などと一見すると給与が高いと思わせるような書き方をしているものは、記事を隅々まで確認するとなかなかハードルの高いことが書かれているケースが多いです。

給与で一番大切なものは基本給と呼ばれるものです。

基本給は変動はほとんどなく、確実にもらえるものになりますので、募集記事ではこの基本給をしっかりと確認することが大切です。

大きな金額が書いてあるものの多くは、基本給が高いのではなく、残業代や資格手当などを含めた様々な手当てを含めたもので、そういったところに実際入ってみるとそんなに残業させてくれなかったり、とても難しい資格を取得しなければ手当てがもらえなかったりという現実であることもあります。

募集記事には文字数に制限があります。

なり手が少なく、たくさんの人に来てほしいと事業者は考え、文章内容を考えます。

ウソをついているわけではありませんが、閲覧した人に魅力を感じてもらえるような書き方をどの事業者も考えるのは当然です。

その中で、仕事内容が明確に書かれている事業者は優良なところが多いです。

明るい職場、和気あいあいとした職場というようなイメージ的な文章ではどんな仕事をするのかが明確ではなく、自分がイメージしているものと全く違う現実とのギャップで仕事についていけなくなってしまう事になります。

細かい内容は面接で質問するにしても、募集記事である程度詳しい仕事内容が書かれている事業者は、誰でもなんでもやらなければならないという環境ではなく、役割分担が明確になっていて一人で負担する仕事が明確になっている優良事業者の場合が多いです。

こういったことに注目し、働きたいと思った内容の事業者が決まったのち、面接となります。

その面接でも優良事業者を選ぶコツがあります。

求人募集記事において書かれていた内容を面接において再度違いが無いか、また、事業者が言いたい内容とこちらが受け取ったニュアンスが違うといったこともあるため、しっかりと納得のいくまで詳しく確認することが大切です。

基本給においても確認が大切です。

ここで募集記事内容と違いが無いようであれば優良事業者であるととらえられます。

未経験者の場合突っ込んだ内容まで聞くことはなかなか難しいですが、入ってから記事に書いてあったことと違うとなってもどうすることもできません。

特に給与や休日、残業などは聞きづらいところもありますが、この話しや交渉ができるのは面接だけです。

結果すぐに辞めてしまうことになってしまったら、次の就職先に提出する履歴書にもイメージの悪いことを書かなければならなくなってしまいます。

その会社でどんな年齢の人が主に活躍しているのかどんな年代の働き手が多いのかを確認します。

それと一緒に仕事の従事年数も併せて質問します。

従事年数が長く、平均年齢も40代など安定した数字が出てくれば、優良事業者である可能性が高いです。

反対に従事年数が短く、平均年齢が若い場合は長く続かない要因が何かあると思って間違いありません。

POINT

✔募集記事の内容を確認する

✔記事の内容に齟齬がないか面接時に聞く

雇用形態は事業所によってまちまち

画像

介護の仕事における雇用形態は事業所によってまちまちです。

正社員として採用され福利厚生が充実している場合もあれば、アルバイトの形で雇用したりといったところもあるので、その雇用形態についても十分に確認することが重要となります。

給与については正社員の場合には毎月一定の賃金が支払われることになりますが、アルバイトやパートの場合には働いた時間に対しての賃金しか支払われないため、その待遇が大きく異なるので事前に十分に確認をすることが重要です。

さらに施設によっては夜間の対応を行っている場合もあり、夜勤等の業務が発生することもあるため注意が必要となります。

未経験であっても待遇によっては仕事をしながら様々な資格を取得することも可能であるため、これに応じて昇給の可能性もある場合があるのです。

介護の仕事に限らず最も待遇が良いと考えられるのは正社員の形態での雇用です。

正社員の場合には福利厚生が充実しており、様々な社員としての待遇を受けることができるほか、将来は経営者として経営に参加できる可能性もあるのです。

さらに有給休暇を取得することも認められているほか、雇用保険に加入することもできるので安心して働くことができる環境が整います。

介護の仕事は非常に忙しくなかなか休みを取ることができないと言うイメージがありますが、正社員の場合には有給休暇を取得することが可能となっているため、収入に影響しない休みを取得することができるのがポイントです。

あらかじめ社内で調整した中で自分の都合の良い時に休暇を取ることができるので、忙しい仕事の中であっても自分自身をリフレッシュすることができる機会を簡単に設けることができるのがメリットとなっています。

多くの企業の正社員同様、介護の仕事を行う会社においても昇給制度は一般的に設けられているものです。

そのため入社当初は給与が安くても仕事の内容やその能力を評価されることで徐々に給料が高くなることが予測され、仕事をする上でモチベーションを高めることができます。

ただし昇給に伴い仕事に対する責任の重さも大きくなるので、十分に意識をして働くことが求められる側面もある点に注意が必要です。

介護の仕事では資格を取得することが非常に重要な要素となっています。

サービスを受ける側にとっても様々な資格を取得している担当者がサービスを提供する方が安心することができるので、結果として仕事の量が増え施設としての利益も高まることになるのです。

そのため正社員の場合には様々な資格取得を施設として支援する制度が整っていることが多く、取得のための教育支援や業務上の優遇だけでなく、取得のための費用の1部または全部を負担する制度を設けてあるところもあるため、これらを積極的に利用することが可能となります。

介護の仕事に就職する場合には、未経験であっても正社員の待遇を受ける方が将来的に様々な恩恵を受けることができるのですが、実際に正社員待遇で採用される事は非常に少ないと言う実態があります。

そのためほとんどの場合にはパートやアルバイトとしての採用が主となりますが、その場合であっても正社員に準じた待遇をしているところが少なくありません。

そのためパートやアルバイトであっても様々な待遇について事前に確認し、より有利な条件や期待できる条件を持ったところを選ぶことが必要です。

パートやアルバイトであっても様々な資格を取得することでその手当てを増やすことができる場合も少なくありません。

多くの施設がサービスを提供する際にパートやアルバイトの力を利用して行っていることから、資格を取得している人がサービスを提供する場合のメリットは非常に大きいのです。

そのため積極的にパートやアルバイトの従業員にも資格を取得させるように推進をしている施設が増えており、その資格を取得した人に対して特別な手当を支給するところも多いため効果的に利用することが必要です。

正社員に比べるとその機会は少なくなってしまうことも多いのですが、施設によっては資格取得を推進しているところもあり、未経験者であっても適切な指導を行い資格取得を支援しているところも多いんです。

介護の仕事は個人の能力が問われる仕事となっているため、仕事ぶりによっては経営者に評価され昇給を行ってくれるところも少なくありません。

資格を取得しているだけではなく、日常的な仕事の内容や質についても客観的に評価しているところが多く、特に利用者の声などから仕事ぶりを評価することが多いのが特徴です。

その結果によっては昇給がされる場合もあるほか、これらの制度を公開し一定の基準を満たした者について昇給をする仕組みとなっている施設も増えているんです。

POINT

✔正社員は有給休暇など待遇が良い

✔資格取得により資格手当をもらえる

✔昇給制度もありモチベーションにつながる

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は介護業界の求人に関するまとめでした。

今、介護業界に就職しようと考えている方や資格や経験がないのに就職ができるか不安な方の参考になったのではないでしょうか。

経験や資格があるとよりいい待遇になるのは間違いないですが、未経験で無資格でも仕事をしながら覚えていくことは可能です。

また、できるのであれば正社員として採用してくれるところを選ぶことが大事です。

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→