ホーム >> 介護コラム >> 仕事 >> ケアマネージャーの給料ってどのくらい?相場や手取りについて
更新日 2020.5.28

ケアマネージャーの給料ってどのくらい?相場や手取りについて

介護福祉士に興味があるけど資格を取るのってどうなの?ケアマネージャーって具体的に何をする仕事なの?給料の話が少し気になる!そんなあなたの疑問点をこの記事で解決していきたいと思います。目次以下になります!

介護福祉士はどんなことをする人?

画像

介護福祉士は、心身障がい者の生活を支援する為に作られた、国家資格の専門職です。

身の回りのお世話をしたり、生活における困難な部分を補助しながら、一人ひとりに合わせた自立を支援します。

本人だけでは難しいことを支援する、それが介護福祉士に求められている働きです。

一般的に肉体労働というイメージはありますが、身体的なサポートに限らず、精神的な支えにもなるのが介護福祉士です。

ケアマネージャーなど他の人達と協力しつつ、介護の対象者を支援して行くのが、主な仕事の内容となっています。

人に近付いたり触れるお仕事なので、相手に対する理解を深めたり、信頼関係を築くことが求められます。

怪我や病気で身体に障がいを抱えると、人の生活は途端に難しくなって壁が立ちはだかります。

場合によっては家族や周囲の人に支援を求めるのが難しく、孤立してしまうケースも少なからずあります。

その点、介護福祉士は一人ひとりに寄り添いながら、相手が必要とする支えを提供する役割を担います。

悩みに耳を傾けたり、日々の生活を多角的にサポートしながら人に役立つ、そういった社会に求められる仕事です。

専門職なのでやり甲斐がありますし、国家資格を取得して肩書が得られるので、信頼という点でも魅力があります。

何より人に寄り添える仕事ですから、直接的に社会貢献ができたり、人の役に立てていると実感が感じられます。

ケアマネージャーは介護者の家族と話をしたり、介護のプランを立てて提案を行います。

現在抱えている困難や生活状況、それに収入や資産などを考慮して、最適な介護の提案を行うのがケアマネージャーです。

介護福祉士は現場仕事ですから、デスクワーク中心のケアマネージャーとの違いはそこに現れるでしょう。

直接的に人を助ける介護福祉士に対し、介護を受ける家族に対応したりサポートするのが、ケアマネージャーに任されている役割です。

ケアマネージャーは、介護福祉士と共に情報共有をしたり協力しながら、最適な介護の実現を目指します。

どちらかが欠けても介護の質は落ちるので、両方共に社会的な責任や価値がある国家資格です。

立ち上がりや移動が難しい、そのような身体機能を助けるのも介護福祉士のサポートです。

食事とトイレは生活に欠かせませんが、ひと度体に障がいが発生すると生活の質の低下に結び付きます。

着替えも毎日のことですが、難易度が向上すると一気に億劫になって、挑戦を諦めたり無視しがちになります。

体を使わなくなることは、更に機能が低下する恐れを強めますから、諦めない実現可能性の高い生活を始める必要があります。

介護福祉士は人それぞれが抱える困難を捉え、可能な限り本人が挑戦を行える形で、不足分をサポートする方針です。

仕事の範囲は生活全般に及び、状況次第では精神面を支えたり家族にアドバイスもします。

食事から排泄、着替えに入浴と歯磨きなどを支えるのが、介護福祉士が行う身体介助です。

身体介助は洗顔も含みますし、屋外に移動して散歩をするなどの支援もあります。

体を支えて歩行を促したり、車椅子の乗り降りを助けて外出を支援する、これらも専門職ならではの仕事内容です。

病気や障がいなど、人によって抱えている不安は異なるので、理解を深めながらサポートに取り組む姿勢が求められます。

相手が苦痛を感じない介助を目指すのが、介護福祉士という国家資格の大切な役割であって責任です。

心臓が悪い人は脈拍の変動に気を付け、関節が弱ければ無理のない動作を助ける、これが身体介助のポイントです。

生活援助はより具体的に、食事や洗濯などの家事全般から買い物まで、生活を直接手助けします。

食事の用意は意外と重労働で、買い物ができなければ準備もままならないです。

下ごしらえや調理に盛り付けを終えても、食後には後片付けの作業も待っています。

食事が難しい多くの人は、栄養が偏りがちな食生活を行いがちなので、生活援助には重要な意味があります。

洗濯も衛生の維持に不可欠ですし、部屋の掃除や整理もなくてはならない作業の一環です。

被介護者の負担を減らして時間を作り、余暇に取り組む支援をするのも生活援助の一つです。

介護は本人だけの問題には留まりませんし、ケースによっては家族も巻き込む懸念となります。

介護福祉士は被介護者と家族の間に入り、介護に取り組みながら家族も支えます

ベッドと車椅子間の移動や介護食の考え方など、役立つ情報を中心にアドバイスが提供されます。

初めて介護に挑戦する家族にも、専門的な知識を持つ介護福祉士の助言は、これからの生活の役に立つ支援です。

介護に取り組む間取りを考慮した、負担を軽減する介助の方法も相談できます。

ケアマネージャーも相談に乗ってくれますが、それ以上に現場で培われてきた専門知識が頼りになるでしょう。

POINT

介護福祉士とは

✔国家資格の専門職である

✔肉体的にはもちろん精神的にもサポートする

✔家族の相談も受けつつ支えていく

ケアマネージャーはどんなことをする人?

画像

ケアマネージャーとは、介護支援専門員のことです。

介護を必要としている人が、介護保険サービスを受けられることが出来るようにケアプランを作成したり、サービス事業者との調整を行うことが出来る、保険のスペシャリストです。

ケアマネージャーになるためには、介護支援専門員実務研修受講試験というものに合格しなければいけません。

この試験は、介護福祉士がさらに上を目指すために資格を取得したり、医療従事者が介護の専門知識を得るために受験して取得する人が多いといいます。

一言で言えば、要介護認定に関する業務です。

介護保険制度を利用してサービスを受けるときは、各自治体に要介護認定申請書を提出して、介護の必要性やその度合いを示す要介護認定を受ける必要があります。

申請するときは、ケアマネージャーが申請する本人に変わり申請書を作成し、提出することも可能です。

また、ケアマネージャーは市町村に委託されて、高齢者の心身状態を把握する認定調査を行うこともあります。

認定調査とは、要介護認定申請を申し込んだ高齢者を訪問し、その心身の状態や家庭環境を調査するというものです。

調査をした結果は、要介護度を決定する介護認定審査会で重要な資料として扱われます。

要介護認定を受けた高齢者本人とその家族が抱えている問題を把握して、介護サービスを利用するときに必要なケアプランを作成しています。

ケアプランを作成するためには、どんなサービスを希望しているのかという相手の要望を把握する必要があります。

ほかにも、できる限り自立した生活が送ることが出来るような目標を設定し、その目標を達成するためにはどんなサービスを利用するべきなのかということを、専門職としての立場で提案するという重要な役割も持っています。

利用しはじめた後も、定期的にサービス担当者会議でサービスがきちんと提供されているのかを確認します。

介護を受ける本人の心身状態に変化があったり、家庭環境が変わることがあれば、その状況に合わせたて要望を通すためにその都度考え直すという役割もあるということです。

ケアマネージャーという仕事を目指す理由のひとつには、やりがいだけではなく給与アップというものがあります。

一般的な介護職員より、その仕事の平均給与は高く設定されています。

やりがいを求めると、その分だけ収入に反映するといいます。

また、ケアマネージャーの仕事は昼間が基本です。

夜勤の必要がないので、結婚をして出産しても継続しやすいという点はメリットだといえるでしょう。

ケアマネージャーの受験資格は、規定の国家資格を持っていること、実務経験が通算で5年以上あり、かつ900日以上従事していることです。

ほかにも、国家資格はなくても施設などで相談援助の業務に就いており、その実務経験を通算5年以上、900日以上従事していなければいけません。

ケアマネージャーになるためには、国家試験を受けるだけではなく、資格取得までにはいくつかやらなければいけないことがあるといいます。

まず、受験の申し込みを都道府県で行う必要があります。

その後、毎年10月に実施される介護支援専門員実務研修受講試験を受験し、同年の12月に行われる合格発表で合格していなければいけません。

これに合格したら、年明けから合計87時間以上にわたる実務研修を受けることになります。

これを修了したら、介護支援専門員資格登録簿への登録を申請して、やっと介護支援専門証を取得することが出来るということです。

福祉業界には様々な資格があるといいます。

介護福祉士や社会福祉士と同じく、ケアマネージャーもそのひとつです。

介護福祉関連の資格の中でもケアマネージャーは特殊な分類であるので、さまざまな働き方の可能性があることも知られていないということです。

資格を取ったらどのような働き方が出来るのかというと、在宅勤務をしたり、施設勤務を選択することも出来ます。

利用者と福祉関係者の間をつなぐ重要な役割を担う仕事です。

その中で常勤や非常勤、施設内あるいは在宅で仕事をするという風に、様々な働き方が出来るというのが魅力でしょう。

介護福祉の資格のなかでも、キャリアアップのために取得する方が多いといいます。

また介護福祉の資格のなかでも取得するのが難しく、受験者数は大体12万人から13万人といわれています。

その中から合格するのは、13パーセントから15パーセント程度、という狭き門を潜り抜けた人だけがこの仕事に就くことが出来るのです。

POINT

ケアマネージャーとは

✔介護支援専門員のことである

✔給与アップも見込め、モチベーションにもつながる

✔資格の中でも特殊な分類で、様々な働き方の可能性がある

介護福祉士とケアマネージャー、受験資格の違い

画像

高齢者介護の現場で高齢者の生活全般の支援を行う介護福祉士になるには国家試験を受ける必要がありますが、受験資格を得るには二通りの方法があります。

介護福祉士の養成する学校で2年以上学んで卒業をするという方法と、3年の実務経験を経て「介護職員実務者研修」を受ける方法です。

養成施設は厚生労働省が指定する学校で高校を卒業後に行く専門学校や短大、4年制大学のほかに同じく厚生労働省が指定する福祉系の高校があります。

専門学校や大学では2年以上の履修時間の中で、以前は1650時間の履修だったところ1850時間の履修に改正されました。

高校においても以前は134単位の190時間だったところ現在は53単位の1855時間の履修が必要になっています。

また以前はそれらの養成学校を卒業すると介護福祉士の資格が取得できたところ改正後は国家試験に合格することが必須となっています。

ただし当面は養成施設を卒業した場合は国家試験に合格するまでは「准介護福祉士」という名称で働くことができます。

もう一つの方法として福祉専門の学校を卒業していない場合ですが、介護の現場で3年以上業務を経験した後に以前は国家試験を受験する必要がありましたが、現在は3年の実務経験の後、600時間以上の実務者研修を受けてから国家試験を受験するものと変わっています。

平成19年の厚生労働省からの法律改正により、養成機関を卒業する場合には履修時間が増え、3年の実務経験を経る場合も6か月以上の研修を受けたうえでどちらも国家試験を受けことが必要になりましたが、履修科目や研修に新しく、痰の吸引等の科目が加わりました。

これらのように改正された背景には、高齢化が進むことや世帯構造が変化する中で質の高い介護サービスを安定して提供するために、質の高い安定した介護の人材を確保することが重要ということがあるのです。

現在はいずれの方法にしても国家試験を受けて国家資格を取得する必要があるということです。

ケアマネージャーは直接現場で介護の仕事をするのではなく介護保険制度に基づいて、介護福祉士や社会福祉士、看護師などと連携を摂りながら、個々のケアプランを作成することが主な仕事で、要介護者の家族の相談業務も行います。

このようなケアマネージャーになるには公的資格となるケアマネージャー試験に合格する必要があります。

しかし誰でもその試験を受けられるということではなく、1つ目は「医師や歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あんまマッサージ指圧師、鍼灸師、義肢装具士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、管理栄養士のいずれかの国家資格を有し、その業務に通算5年以上かつ900日以上従事すること」

2つめは「施設などでの相談援助業務に通算5年以上かつ900日以上従事すること」。

3つ目は「社会福祉主事任用資格者か介護職員初任者研修や実務者研修など社会福祉施設長認定の研修を修了した者で通算5年以上かつ900日以上介護等の業務に従事すること」。

そして4つ目は「それ以外の者で通算10年以上かつ1800日以上介護等の業務に従事すること」のいずれかを満たすことが必要でしたが、これらの条件も2018年に改正されて、3つ目と4つ目は除外され、1つ目と2つ目の条件だけになりました。

国家資格を有し通算5年以上かつ900日以上従事しているか、施設などで相談業務を通算5年以上かつ900日以上するという条件を満たせば、ケアマネージャー試験を受験することができます。

地域により申し込み先や申込日は異なりますが、まずは都道府県に受験を申込みます。

試験は毎年1回、全国で10月の同じ日に行われ、12月上旬に合格者が発表されます。

その後1月から3月の間に87時間以上の実務研修があり、それをすべて終了すれば3か月以内に申請し、ケアマネージャーとして登録されます。

ケアマネージャー試験の合格率は毎年2割にもならず難度は高いですが、出題されるのは介護保険法などの法律や高齢者の病気などの医学知識なのが多いのでそれらを中心に学習するのが合格への道といえます。

介護福祉士になるためには養成施設を卒業するか3年以上の実務経験を経て研修を受けた後に国家試験を受験しますが、ケアマネージャーは国家試資格を有するか相談員としてその業務に通算5年以上かつ900日以上従事したうえで公的な資格試験のケアマネージャー試験を受験するという方法でなることができます。

つまり介護福祉士というのは国家資格で、ケアマネージャーは公的な資格ということです。

POINT

✔介護福祉士になるには二通りある

✔ケアマネージャーは難易度が高い

✔質の高い安定した介護の人材を確保することが重要

介護福祉士とケアマネージャー、給料が高いのはどっち?

画像

介護の分野における仕事にそれぞれの専門分野と、その呼称があることは今でははよく知られるようになりました。

その中でもとりわけ区別がつきにくく、ややこしいと感じるのは介護福祉士とケアマネージャーでしょう。

ケアマネージャーは介護支援専門員とも呼ばれ、介護福祉士と比較するとそれぞれに活躍するフィールドがあり、仕事の内容が異なるのが一番の違いです。

介護福祉士は国家資格ですが、国家資格を持っているからといって介護施設で座って事務仕事をしているわけではありません。

施設を利用する要介護者とじかに接し、食事や排せつ、入浴の世話などを行います。

また、施設を利用する人の多くは送迎によって施設に迎えられますので、車を運転しての送迎も大事な仕事です。

介護職のもっともベースとなる資格である介護職員初任者研修、あるいは以前のホームヘルパー2級所有者たちと、介護の最前線で同じ仕事をしながら、働く人たちのリーダー的存在となって日々の勤務シフトを決めたり、施設利用者を総括的に管理するといった、責任ある仕事を担うことになりますので、介護に関する知識と経験はもちろん、人をうまく動かす能力も求められます。

ケアマネージャーは、介護サービスを利用したいという人や、その家族との面談を行うために自宅を訪れ、介護サービスについて説明をしたり、利用にあたっての案内をするなど現場で介護をするのではなく、主に事務方の仕事を担当するのが特徴ですす。

要介護認定を受けたあとも、一定期間ごとに更新手続きを行うために区役所に行く必要がありますが、その手続きを代わりに行うといった仕事をしています。

デイサービスやショートステイ利用をしている要介護者のために、毎月ケアプランを作成し、利用可能な点数と自己負担割合と呼ばれる支払い金額がいくらになるかといった説明を行うのも、ケアマネージャーです。

介護福祉士とケアマネージャーの仕事内容を紐解くと、まったく異なる仕事をする有資格者であることが分かります。

そのため、この二つの資格のどちらが介護の仕事をするにあたって、より多くの給料をもらえるのかが気になるという人は多いでしょう。

 

どちらがより多くの給料を得られるかといえば、ケアマネージャーです。

それというのも、介護福祉士は国家資格ではありますが、介護に関する内容に限定して問題が出題されるため、介護現場で長年仕事をしてきた人ならある程度知識を持っているため、合格できる可能性は高いといえます。

一方のケアマネージャーになるための試験は、介護福祉士よりも難しい分野での出題となるのが特徴で、より多くの知識を習得することが資格取得には欠かせません。

ケアマネージャーの試験では介護や福祉に関する法律はもちろんのこと、医療に関する範囲にまで幅広い知識が求められるため、ケアマネージャーになるための試験は介護分野に限りません。

ケアマネージャーという国家資格は存在しないものの、2018年以降は介護福祉士などの該当国家資格を取得したうえ、さらに5年以上の実務経験を有していないと受験資格が得られないように改定されています。

該当国家資格は介護福祉士だけでなく、医師や歯科医師、看護師や薬剤師といった医療関係者も対象となりますので、受験資格を得るまでの過程がすでに大変です。

このことからも、ケアマネージャーの方が介護福祉士よりも給料が多いのはむしろ当然と言えます。

政府は在宅での介護を推進していく方針ですので、今後の介護は医療と密接に連携を取りながら進められていくことになるのは間違いありません。

その際、介護の知識と経験を積んできたことは勿論ですが、より専門的な介護経験と知識を持っていたり、医療面においての専門知識を有する人がケアマネージャーとして利用者との間に入ることになれば、よりスムーズに介護サービスが利用できるようになるでしょう。

2025年には団塊の世代が揃って75歳以上の後期高齢者になるとあって、日本は未曾有の超高齢化社会へと突入していきます。

人口減少から働き手が少なくなる中で、長生きする親の介護は自宅で行うべしという政府の方針を実践するには、どうしても介護分野の専門家による助けがないとやっていけません。

今は介護の専門家として活躍することを一番に求められている介護福祉士ですが、その知識をより広範囲に活用できるようにするためには、介護関連の仕事に就く人の給料を上げていくことが喫緊の課題です。

その中でも特に介護福祉士の給料が上がれば、現場で働く人たちにとってはもっとも身近なお手本となる存在ですので、目標にして頑張りやすくなるでしょう。

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→

POINT

✔介護福祉士は直に要介護者と接する

✔ケアマネージャーは主に事務仕事

✔給料はケアマネージャーのほうが多い

まとめ

いかがだったでしょうか?以上のことをまとめると介護福祉士は、心身障がい者の生活を支援する為に作られた、国家資格の専門職。ケアマネージャーは介護者の家族と話をしたり、介護のプランを立てて提案を行う介護支援専門員のこと。また給料としてはケアマネージャーのほうが高給な場合が多いということでした。皆さんも介護福祉士やケアマネージャーを目指されてみてはいかがでしょうか?

かいご畑の画像

かいご畑

--------かいご畑の特徴--------
✔︎0円で介護資格を取得できる
✔︎高給残業無しの人気求人多数!
✔︎専任コーディネータによる徹底サポート

_

無料で相談する→